トロント市内

2007/09/22 (1)

いきなりライブ当日。といっても、日中は特にすることもないので、天気もいいことだしぷらぷらと市内散策を楽しむことにし、同室のT君と、ホテルから徒歩20分、トロントのシンボルと言ってよいCNタワー(Canadian National Tower)に向かいました。

このタワーの高さは553mで、最近ドバイに建設中のブルジュ・ドバイに抜かれたそうですが、今のところ「展望台のある高さでは世界一」ということになっている模様。その一番高い展望台=SkyPodまで登るにはCA$25.99も払わなければならず躊躇しましたが、ここまで来てお金をケチっても残るのは後悔だけと思い直してチケットを購入。セキュリティチェックのゲートを通り、エレベーターを乗り継いで最上階に到達しました。

しかし、あまりに高すぎるせいか今ひとつ高度の実感が湧かず、霞がかって遠望が効かなかったせいもあって、ちょっと期待はずれ。

むしろ、そこから100m以上下った中間の展望台でガラスの床から真下を覗き込んだり、網に囲まれた周回テラスで風にじかに吹かれたときの方が高さを感じたのですから、人間の感覚なんていい加減なものです。

いったんホテルに戻って昼食休憩後、今度はユニオン駅の北側へ地図を片手に遠出してみることにしました。まずはホテルからすぐ左手の交差点をまっすぐ北上し、金融街の先T字路の突き当たりが旧市庁舎(Old City Hall)。なかなか由緒ありげな建物ですが、現在は別の用途に使われているのだそうです。で、この旧市庁舎の前にはなぜかバグパイプのおじさんがいて、途切れることなくぷかぷか音を出し続けていました。

click

旧市庁舎の隣には、噴水の向こうに現市庁舎。中央の丸い建物を両側から弧を描く建物2棟が包むようなモダンな作り。中央の円は地球を、包む2つの弧は神の手を表しています。

ここから少し西に行って、ユニバーシティ通りをどんどん北上して緑豊かなQueen's Parkの中にあるオンタリオ州議事堂に辿り着きました。ロマネスク様式で左右非対称の重厚な造り。右に州旗、左に国旗。有名なこの国旗のデザインは、左右の赤地が太平洋と大西洋、真ん中の白地が国土で、赤いカエデは国民を表しているのだとか。また、議事堂の前には建国時代の政治家の銅像が立っていました。

ところでこの建物、Rushファンなら見覚えがあるのではないでしょうか?私も帰国して写真の整理にかかるまで気づかなかったのですが、こうして見れば一目瞭然。

そう、どうやらこの建物は、Rushの名盤中の名盤『Moving Pictures』のジャケットに使われたもののようなのです。ちなみにこのジャケットのデザインは、運ばれている絵画(Moving Pictures)に心を動かされている(Moved by Pictures)人々を映画(Moving Picture)に撮っている様子、という構図なのだとか。もしかして絵を運んでいる作業員たちの赤い服は、カナダ国旗の赤を意識したもの?

それにしてもこの公園にはリスがたくさんいます。とりわけ、州議事堂の裏手の明るい木立の中に広がる芝生の上では、冬に向かって一所懸命木の実を食べている黒いリスをこれでもかというくらいに見かけました。そこからわずかの歩きで、ロイヤル・オンタリオ博物館。T君はここで一足先にホテルに帰ることにして、私一人で入場してみましたが、どうやらここは日中韓の東アジアコレクションが売り物の様子。うーん、わざわざカナダまで来て博物館に再現された茶室や仏像を見ることになるとは思いませんでした。その他には、展示意図がいまひとつよくわからない中世〜近世ヨーロッパの各種調度品とか鎧や剣(Armor and Sword)とか、はたまた爬虫類の剥製や恐竜の骨、作り物のコウモリ洞窟とか、何でもありのどちらかと言えばお子様向けの展示が多かったように感じました。

ホテルへの帰路は、トロント大学の構内を抜けてみました。ここには雰囲気のよい建物がたくさんあって、それもそのはず、大学の歴史の方が国家としてのカナダの歴史よりも長いのだそうです。

市内観散策はこれでおしまい。そのままチャイナ・タウンの縁をかすめるように南下して、ホテルに戻りました。たった数時間の歩きではありましたが、トロント中心部を一通り歩いてみての印象は、ゆったりした町並みの中に多様な人種が穏やかに暮らしている町、というもの。歴史的建造物を選んで回ったせいかもしれませんが、実際治安もよいそうだし、歩行者優先ですぐ停まってくれる車のマナーにも好感がもてて、とてもよい町だと感じました。ただし、翌日現地ガイドO氏が説明してくれたところによれば、公共交通機関には時刻表というものがなく、なぜならいつ来るか決まっていないからだということです。しゃれた路面電車も見かけましたが、その運転手が、お客が乗っているにも関わらずコーヒーショップに寄り道するなど普通にあることだとか。のどかと言えばのどか、いい加減と言えばいい加減。

さて、いよいよ今回の旅のメインイベント、Rushライブです。