ブレヴァン〜ラ・フレジェール

2014/07/30

今日は一人で、エギーユ・ルージュのハイキングコースであるブレヴァンからラ・フレジェールまでを歩いてみることにしました。天気は曇り空ではありますが、山歩きには支障ない様子です。

ゆったり朝食をとってから、おもむろに出発。シャモニー市街を抜けてけっこうな坂道を登り、ブレヴァンへのロープウェイ駅を目指しました。

8時過ぎに動き出したゴンドラに乗って、まずは1,000mほど登ったプランプラへ。このゴンドラの直下の怒濤の急坂道をストックを使いながら猛スピードで登る短パン姿の登山者の姿を見ましたが、あれはトレーニングだったのだろうか?そこでロープウェイに乗り換えて、標高2,525mのブレヴァンへ。

ブレヴァンのロープウェイ駅から見下ろしたプランプラ。その右奥の山肌に刻まれている斜めの線は、シャモニーからモンタンヴェールへの登山鉄道のものです。

長く舌を伸ばしたボソン氷河の下部が見えていますが、モン・ブランの山頂部は雲の下。シャモニー市街は標高1,035m近辺ですから、この眺めは1,500mほどの標高差を見下ろしていることになります。

高曇りの空の下、下界からは想像もつかなかった光景が広がっていました。

シャモニーに対して反対側の眺め。造山運動と氷蝕が作り出した、想像以上にダイナミックな地形です。道はいったんそちら側を回り、エギーユ・ルージュを直線的に見通しながらコル・デュ・ブレヴァンへ下ります。

コル・デュ・ブレヴァンの岩場。すっきりした岩壁にいくつもボルトが打たれているのが見えました。後で調べてみるとここだけで30本ものスポートルートが引かれており、たとえばこの凹角の垂壁を登るラインは6a+(5.10b)です。ただし、このときは岩がびしょ濡れで、とても登る気にはなれません。

コルからシャモニー側の斜面を少し下ったところから、ブレヴァンの岩場を仰ぎ見ることができました。ここにも何本かのマルチピッチルートが引かれており、明日登る予定の「Voie Frison-Roche」(6a-5b-5c-6a-5c)もここから取り付くことになる予定です。一方、右の写真の顕著なニードルの根元では二人の女性クライマーが登攀準備中でしたが、こちらは「Crackoukass」。このニードルを登って終わりではなく、そのままリッジ上を稜線まで辿る長大なルートでした。

プランプラの手前の開けた台地には、パラグライダーの発進ポイントがありました。シャモニーの谷を埋めたガスがこの高さまで上がってきており、パラグライダーは離陸するとあっという間にガスの中に消えてしまいます。

click

最初のパラグライダーが離陸に失敗!これを目の当たりにしたタンデムフライトのお客の女性は震え上がってしまいました。ペアを組むパイロットから英語で「合図をしたらとにかく前に走るんだ。ぶら下がろうとはしないこと。Are you alright??」と話しかけられていましたが、すっかりびびってしまている彼女は上の空。彼氏らしい男性が先に堂々と離陸していった後に、女性の方はキャーキャーと悲鳴を上げながら他のスタッフにもひきずられるようにして斜面を駆け下り、どうにか無事に離陸していきました。ああ、よかった。

ガスがますます上がってきているのでハイキングはここで打ち切ろうかとも思いましたが、しばし思案の末、せっかくなので歩みを続けることにしました。

ハイキング続行の判断は、正解でした。エギーユ・ルージュのシャモニー側斜面をトラバースしてゆくこのハイキング道は、お花畑や森、ちょっとした岩場など変化に富み、しかも途中では静寂の中に響くマーモットのピィピィという鋭い鳴き声を聞けるポイントもあって、とても楽しいものでした。

プランプラ(標高1,999m)から1時間半あまり、まったく飽きることのない歩きの後に、ラ・フレジェール(標高1,877m)へ到着。

一昨日はコーヒーを頼んだ売店で今日はハイネケン(Lサイズ)とBLTサンドイッチを購入して、ベンチでのんびりいただきました。雲の底が下がってきており夏とは思えない寒々しい景色でしたが、こういう景色は嫌いではありません。

ロープウェイでレ・プラへ下って、シャモニー・バス(ホテルでもらったゲストカードのおかげで無料)でホテルの近くまで戻りました。ホテルに戻って少しすると、シャモニーの町には強い雨。タイミングよく帰還できたのはよかったのですが、明日の岩場は大丈夫だろうか?と心配になりました。

ブレヴァン〜ラ・フレジェールのハイキング

この日の行程