塾長の渡航記録

帰国

2010/07/24-25

夜明け前に見たマッターホルンの姿は、雲に巻かれ、そしてびっしり雪がついたものでした。たぶんあれでは、当分ルートはクローズでしょう。トロッケナー・シュテークで出会った日本人女性も、残念ながら今回の旅程では登れないのではないでしょうか。自分もほんの二日日程がずれていたら失敗に終わっていたかもしれないわけで、そう考えると、今回の登頂は本当に幸運だったと思わない訳にはいきません。

始発列車は昨日の事故のことなど何も知らぬげに定刻に出発し、フィスプの駅でも問題なく乗り換えることができました。さすがは鉄道王国スイス。しかし、事故で多くの日本人が負傷していたことを知ったのは、帰国した後でした。

帰りの飛行機の中で見た映画は、『Clash of the Titans』と『How To Train Your Dragon』。ギリシャ神話に題材をとった前者は、CGは見事でしたが、まあこんなものかなという感じ。後でこの映画の中に『愛人 / ラマン』で主演したジェーン・マーチが脇役で出ていたことを知りましたが、気づきませんでした。一方、3Gアニメの『How To Train Your Dragon』は最高。飛翔シーンの雄大さとスピード感、そしてしっかり練られたストーリーは、十分に大人の鑑賞に耐えるものです。そんなこんなを見ながら、長い空の旅の末にようやく着いた成田国際空港。帰国して最初に接した日本国内のニュースは、7月24日の一日、それも関東だけで熱中症で10人以上が死亡したというすさまじいものでした。

ノート