帰国

2008/01/05-06

朝、テレビではブリトニー・スピアーズの親権問題と強制入院の話題でもちきり。平和というか何というか。

ホテルのミニバスで空港に戻り、チェックインを済ませて強烈にわかりにくい発音の係員の案内にしたがって出発ゲート近くまで移動してから、ブリトーやタコスの「PAPPASITO'S Cantina」でBreakfast Plateをとることにしました。レジの女性は注文をレジに打ち込みながら「どこへ行くの?」「東京」「Your home?」と話しかけてきます。そのにこやかな応対にとても好感を持ちましたが、肝心の料理はお世辞にも日本人の口に合いそうなものではありませんでした。でも、この地域に住んでいる人にはごちそうなのでしょう。

11時20分、いよいよ離陸。機内で見た映画はジャッキー・チェンとクリス・タッカー主演の『Rush Hour 3』で、これは以前キリマンジャロへ向かう機中で見た『Rush Hour 2』の続編です。前回はジョン・ローンとチャン・ツィイーが悪役で出演していましたが、今回は真田広之と工藤夕貴。エッフェル塔での死闘は映画館の大画面で見たら凄い迫力だったでしょうが、ストーリー的には可もなく不可もなく、さすがに歳のせいかジャッキーのアクションが控え目なのが明らかでした。続いて『The Game Plan』。こちらはプロフットボールチームのQBのもとに、本人がその存在を知らなかった8歳の娘が突然訪ねて来て巻き起こる騒動を描いたもの。脚本も芝居もよく練られていて、とりわけ子役の演技は特筆もの。理屈抜きで楽しめました。

それにしても、太平洋は広い……。飛行時間はまだまだありますが、映画を二本見た後は軽いものにしたくなり、米国の料理番組を見てみました。そしてこれが、ある意味凄まじいものでした。TVでのフットボール観戦のために自宅に招いた友人たちが腹をすかせているので、仕方なく主人公は一人厨房に入ってTVを見ることもできずにひたすら料理を作るというシチュエーションなのですが、肉、野菜、果物などなんでもフードプロセッサーに入れて粉砕してから鍋に入れ、そこにびっくりするほど大量のスパイスと豆の缶詰、ビールなどをぶちこんでドロドロに煮込んでいるだけ。見た目にはとても人間の食べるものに見えないのですが、これを主人公は「Great!」とか「Beautiful!」とか自画自賛しながら作っています。さらにトルティーヤを油で揚げながら「G.B.D! Gold and brown is delicious!」などと揚げ方の秘訣を披露してくれましたが、それにつけるソースも同様のゲル状。成分的にはそこそこバランスがとれているとは思いますが、何しろ外見がおぞましい。こういうのを見ると、日本人に生まれて本当によかったと思います。

それにしても、まったくもって太平洋は広い……。もう一本映画を見る時間があるので、邦画『自虐の詩』をちらちらと見ました。ちらちら、なのでストーリーもよくわかっていませんが、中谷美紀はいい女優さんだなあ、とつくづく思いました。それに、阿部寛のちゃぶ台返しの妙技にも感心。

そうこうしているうちに、ようやく日本が近づいてきました。しからばと手帳を取り出してお土産の配分を考えましたが、こちらにコーヒー、あちらに写真集、こっちが翡翠……などと計算してみると、どう考えても職場の分が足りません。しまった、もっとゆとりをもって買えばよかったと後悔してみても後の祭り。今からグアテマラへ引き返すことはできないのですから。

ノート