帰国

2018/05/02

カトマンドゥを深夜に発った飛行機が香港に降り立ったのは、香港時間の早朝でした。そしてここまで来れば、日本との時差はもう1時間しかありません。3時間弱の乗継ぎ待ちの後、この旅での最後の飛行機に乗ったところでいち早く、腕時計の時刻表示を日本時間に合わせました。

飛行機は日本海側から大きく回り込んで午後2時頃に東京上空に達し、東京湾の上から羽田空港の滑走路へと滑り込んでいきました。

こうして、23日間に及んだエベレスト街道トレッキングは終わりました。帰国翌日の5月3日から6日までは四連休となっており、目論見としてはその間に諸々の片付けを終え、ボルダリングジムにも行こうと思っていたのですが、身体の芯からの疲れは帰国から一週間ほどもとれず、その間、頭もぼーっとした状態が続いてとてもクライミングなどできる状態ではありません。旅の途中からずっと悩まされていた鼻炎が帰国して早々に治ったのは幸いでしたが、他にも深刻な後遺症が残ってしまいました。どうやら自分の身体も心も、エベレスト街道の往復の中で自覚していた以上にネパールの風土に浸っていたようです。恐るべし、ネパール。


2001年から2002年にかけてのキリマンジャロ登山で知り合い、その後、国内の山や沢でもご一緒するようになったT女史は、デナリやアコンカグア、エルブルース、モン・ブランなど世界各地の山を登り、ネパールにも四回も行っている海外通ですが、この旅で私が撮った写真をそのT女史に見せたところ、このように言ってくれました。

ネパールはやはり、素敵で寒そうです。
ネパールの魅力は凄いですよ。なぜか、懐かしくなります。

私もまた喉元過ぎればナントカで、いつか再びネパールに行きたいと思う日が来るのでしょうか?

ノート