塾長の渡航記録

バルム峠

2016/06/30

今日はいわば休養日ですが、せっかくの好天なのに何もしないわけにもいかないので、バルム峠までハイキングに行くことにしました。

バルム峠は、フランスとスイスとの国境をなす稜線上の鞍部。昨年も足を運んでいますが、そのときは峠の上でガスに巻かれたので、もう一度その場に立ってスイス側の景色を眺めようというのが、この日のコンセプトです。

着いてみるとテレキャビンが動いておらず、またしても営業休止日か?と憮然となりかけましたが、単に着いたのが早すぎただけ。9時になったら営業を開始しました。

テレキャビンとリフトを乗り継いで、水平な山道をしばし歩けば、そこはもうバルム峠です。

昨年来たときは小屋の窓や扉が空いていましたが、今日はこのように赤い覆いで塞がれていて、営業していない様子でした。その代わり、黄色や紫の花々が穏やかに迎えてくれました。

シャモニーの谷の方向は雲が低くかかっており、時折その雲が押し寄せてきて視界を遮りましたが、しばらく佇んでいると雲は高さを取り戻し、眺めが回復しました。

そしてこちらが、スイス側(トゥリアン)の斜面。まだ雪田が残っていましたが、向こうの山に向かってトレイルが続いているのがはっきり見えました。緑の斜面を横切るトレイルを見ると強く心惹かれてしまうのは、私の本質がクライマーではなくハイカーだからだと思います。

峠からのぐるりの眺め。根性を出してブレヴァンまで歩いてもいいのですが、今は斜面を走る道の途中を雪が何度も寸断しているでしょうから、自粛することにしました。

ハイカーらしく、峠周辺の花を愛でながら時間を過ごしましたが、その間に峠を訪れるハイカーの大半は日本人である様子。なぜだろう?

峠でのんびり時間を過ごした後、元来た道を戻ります。

昨年はシャラミヨンまで歩いて下りましたが、今回はそれもなし。リフトで楽チンに下れるのは嬉しいことです。

左手には雲間にドリュ。そして真ん中の鞍部のようになっているところには、グラン・カピュサンの左奥にツール・ロンドが見えていました。

この日は久しぶりに中華料理を食べて、夕方にはガイドオフィスに顔を出しました。ロメインが調べてくれたところでは、やはりパピヨン稜は下降に難があるため、明日はエギュイユ・ルージュのクラシックである「シャペル・ド・ラ・グリエール」にしたいとのことでした。まあ、仕方ない。パピヨン稜にはいずれ、自力で行くことにしよう。