洋弓

洋弓

大学では洋弓部に所属。

高校二年生の修学旅行で金沢に行ったときに、自由行動日に足を伸ばした「琵琶湖バレイ」の洋弓場で、店番さんが野球中継に夢中だったために「勝手に射ってていいよ」と射ち放題にしてくれたのがきっかけで洋弓に興味を持ち、大学に入るとすぐに洋弓部に入部希望を出しました。

当時の洋弓部は個性的なアーチャーが多く、一年先輩では、やたらスタビライザーの形状に凝る和田さん、不調の原因を常にプランジャーのせいにする辻さん、マッチョでありながら弓が引けなくなってくると左腕が自励振動を始める野間さん。同期でも、体育講議を落として駒場から本郷に行くのが一年遅れながら主将を務めた山崎、高価なスコープが羨望の的だった石井、合コンで「マルダイさん」と呼ばれ「誰がハムやねん」と怒っていた宮代など、人材(?)が豊富でした。

私はといえば、選手としては平均的な成績(といっても現在の現役諸君とではショートハーフで50点程開きがある模様)で、試合では二年生の途中から四年生のリーグ戦第一戦までほぼコンスタントにエイトに加わり、部の運営面では主将の山崎におんぶして気楽な副将を務めました。洋弓部時代のエピソードには、たとえば以下のようなものがあります。

一年生の夏合宿。奥信濃の戸狩高原だったと記憶。

こちらは一年生の春合宿?そうであれば、たしか下田。

京都遠征時のよく日焼けしている私。オープンとスクエアの混じったスタンスとライオン髪が特徴。この頃は視力が1.5〜2.0あって眼鏡をかけていません。矢を放つ際に弓を振り回す癖があるので、隣のアーチャーにとっては迷惑千万だったと思いますが、最後までこの癖は治りませんでした。

木屋町にて。喧嘩でぼろぼろになった岡田(前列左)・北大の佐久間(後方)には気の毒でしたが、実に楽しそうな私(立っているブルーの服)、宮代(後列真ん中)、高田(右端ループタイ)と京大の面々。