高齢

前にも書いたように、今年の4月から通勤経路を変えて渋谷から新橋まで銀座線、そして新橋から豊洲までバスとしたので、この通勤経路の界隈で便利の良さそうなジムとして先月は「T-WALL新橋店」を訪れてみました。

これはこれでいいジムじゃないかなと思ったのですが、ちょっと駅から遠い(しかもバス停から見ると駅をはさんで反対側)のが玉に瑕。さらに調べてみると、通勤バスの途中の停留所である銀座西六丁目からすぐのところに「グラビティリサーチ銀座」があることがわかりました。よし、偵察してみよう。

……と、これから職場へ向かうところと思われる和装のお母さんやきれいなお姉さんたちに続いてバスを降り、数分の歩きで凮月堂ビルの下に立ちました。地下には好日山荘があり、ジムは六階です。

ここはどこ?本当にボルダリングジムの入り口なの?

はい、間違いなくボルダリングジム「グラビティリサーチ銀座」の入り口でした。受付で会員登録をして、入会登録料とこの日の一日券は自動販売機で支払ったのですが、ここで重要な事実が判明。なんと55歳以上は「シニア」ということで通常2,100円の一日券が平日限りながら1,100円でよいのです。なんて素敵なジムなんでしょう!

肝心のボルダリングエリアはご覧のように細長い作りで、高さもあまりありません。入って右は垂壁ですが、左はかぶり系。さすがに今日の人手では狭いと感じましたが、受付のお兄さんの話ではこの日はいつになく混んでいて、普段はそれほどでもないとのことです。

奥の方にもこのように角度のない壁があって、限りあるスペースを巧みに有効活用しています。高さがないせいか、すべての課題が足限定でしたが、グレーディングは辛くも甘くもなく、いたって適正なものと思えました。

漫画コーナーには定番(?)の『ONE PIECE』『宇宙兄弟』『進撃の巨人』などに混じって『ピアノの森』『風の谷のナウシカ』も揃っています。さらに、どういうわけか低酸素室(富士山頂相当)が受付近くに設置されていて、これは前日までに好日山荘に申し込めばOK。好きな漫画を読みながら低酸素トレーニングができる……というわけにはいかないようですが、いずれ利用価値を感じる機会もあることでしょう。

そんなこんなで、これからはこの「グラビティリサーチ銀座」をホームジムにしようと心に決めた次第。「T-WALL新橋店」よ、すまぬ。