緊張

梅雨入り。この週末は恒例の富士山トレーニングに行こうと思っていたのですが、お天気には勝てません。バスをキャンセルし、八丁ボル仲間にFacebookで呼び掛けて、久々の日吉ツアーとなりました。

雨天をついて集まったのは、yokkoさん、トモミさん、オカモトくん、それにオカモトくんの会社の同僚で八丁堀にも来られているイマベップ氏(←カタカナにするとなんだか変だ)。イマベップ氏は紐が初めてということだったのでトップロープから入ったのですが、もともとボルダーはそこそこ登れる実力の持ち主なので、「じゃあリードもこの際やってもらいましょう」と5.9に取り付いてもらったのですが……なぜ、こんなに落ち着いて登れるのでしょうか?私が初めてリードしたとき(そう言えば改装前の「ビッグロック」でした)は、心臓バクバクでとてもこんなにスムーズには登れなかったと記憶しています。それではというので、今度はプリクリップなしで5.10aにトライしたのですが、これまた問題なし。これは、あっという間に抜き去られるな……。

それはともかく、天気が悪ければジムが混むのは当たり前。文字通り芋の子を洗うような激混みでしたが、WEB仲間のたんぽぽさんまで来られているとはびっくりでした。話をお聞きしたところ、この夏はスイス山行を計画されているとのこと。がんばって下さい。今日は雨ですが、現地では天候に恵まれますように。

前腕がパンプするまで登って、私が登れなかった課題を後から登ろうとしたオカモトくんとyokkoさんには落ちろビームを照射して(でもオカモトくんには効かなくて)、最後は駅前の居酒屋で〆。