登岩

今日は自宅から徒歩15分の距離にあるボルダリングジム「NOBOROCK渋谷店」に行ってきました。これまでボルダリングは職場からの帰宅途上にある銀座の「グラビティリサーチ」を利用していたのですが、テレワークが続いてすっかり銀座が縁遠くなってしまったので、近場で新規開拓というわけです。

店内はまるでオープンしたてのように綺麗で、ホールドも手に痛いほどのフリクション。地下1階と地上の1階の2フロアに分かれていて、地下には10級から7級までのビギナー向けエリアと6級以上のメインエリア、1階もやはり6級以上。段のつく課題もあるようです(自分には縁なし……)。

そこそこ広い壁面にカラフルなホールドがぎっしり詰まっていましたが、各課題はテープも貼られているものの基本的にホールドの色で分けられているようで、視認性がよくフレンドリーです。店員さんもフレンドリーだし、グレーディングもフレンドリー(およそ1グレードずつ甘め)かな。ホールド替えは1ヶ月半毎と比較的頻繁なので、通い込んでも飽きることがなさそう。

今日のところは偵察だったので7級課題(15本)と6級課題(地下6本・地上5本)を休憩なしで全クリし、さらに5級の2本目でオンサイトが途切れたところでさっさと引き上げることにしました。

それにしても、ビギナーエリアのこのホールドたちはどういう趣味なのか。子供が来たら情操教育上まずいのでは?……などといらぬ心配をしてしまいました。

ともあれ、これから折々にここに通ってみるつもりです。これで我が家のぶら下がり健康器も、本来の役割(?)であるギアラックに戻すことができそうです。