正対

同僚デチ&元同僚のかっしいと「T-WALL」。20代の女性二人を連れてのクライミングに誰も「うらやましいですなぁ」とは言ってくれなかったけれど、気分よく練習しました。デチは高度感にちょっと弱いらしく、最初ルートの方は苦戦していたものの、途中からボルダリング壁に転戦して夢中になってしまい、一人で黙々と課題を片付けていたのには意外なストイックさを見ました。一方、かつてえびさん・にょんまい夫妻とともにヘル沢から生還した経験もあるかっしいはなぜか絶不調。かつてはウォーミングアップがわりに5.10aをすいすい登っていたのに、今日は全然登れませんでした。やっぱりこまめに練習しなくてはね。それにかっしいのムーブは基本的に正対引付け系なので、ちょっと体重が増えると前傾壁は途端に厳しくなってきます。今度ボルダリングジムでフリの勉強をしましょう。

写真は、ボルダリングで絶好調のデチと、「ダメだ、登れね〜」と嘆くかっしい。