欧風

上野の東京国立博物館へ「仁和寺と御室派のみほとけ」を見に行く前に、神保町に立ち寄って欧風カレー店「ボンディ」を初めて訪れました。

並ぶとは聞いていましたが、二階のお店に向けて二階の廊下〜階段〜一階の廊下〜屋外へと行列ができているのには驚きました。

神保町をカレーの聖地たらしめたという老舗。45年間変わらぬ味は、果物や乳製品、赤ワインを用いたブラウンソースに香辛料を合わせ、辛味の中にフルーツの甘みが柔らかく混ざります。なるほど、これは美味しい!その洗練度は確かにいわゆるインドカレーとは別物です。そして付け合わせにはジャガイモとバター、ライスにはチーズが乗り、漬物と小梅が添えられます。テーブル上にはらっきょう、福神漬け、そして干しぶどう。

列に並んでいる間に店員さんがメニューを持ってきて、有無を言わせぬ雰囲気で「お勧めはビーフカレーです」と言うのでビーフカレー中辛大盛りを注文しましたが、ごろごろと入ったビーフも味・歯ごたえ共に絶妙。なるほど勧められるだけのことはありました。

こうして存分にお腹を満たしてから上野に向かったのですが、五欲のひとつ・食欲の虜になっていた自分を、御室派の仏さまたちはどのような気持ちで迎えて下さったのでしょうか……。