勘違

今年は手塚治虫の「鉄腕アトム」が生まれた年だそうで、そう言えば年が明けてからときどきアトムやロボット絡みの記事を見ます。しばらく前の日経新聞朝刊のコラム欄にもアトムが登場したのですが、白ひげのお茶の水博士は育ての親。生みの親は天馬博士のフレーズには「?」。お茶の水博士って、ひげをはやしていましたっけ?

このように何でもないところでの思わぬ勘違いというのはどこでもあるもので、今発売中の音楽雑誌「Player」No.445にはYesのChris SquireとSteve Howeのインタビューが掲載されており、ライターさんは今回の来日メンバーを名盤『こわれもの』、『危機』を制作した最強の布陣と紹介しています。おいおい、Bill Brufordはどうなったんだ!という抗議のメールが編集部に殺到している様子が目に浮かぶようですが、Yes名義の使用権はChrisとAlan White、Jon Andrersonの三人が持っていること、Asiaの「Heat of the Moment」でSteveが日本の琴も使っていることなどいくつか新しく知ったことがあってなかなか面白いインタビューだったので、立ち読みですますのは申し訳ないと、ちゃんとお金を払いました。

今朝は久しぶりにジョギングを1時間。帰宅して新聞を見て、スペースシャトルの空中分解事故に愕然。搭乗員の方々の冥福を祈ります。