下駄

久しぶりにジムで体脂肪率を測ってみたところ、以下の通り13.6%という数値になりました。

昨冬はアイスクライミング向けの身体を作ることを秋から意識して上体の大きな筋肉を中心にトレーニングを続け、その成果はたとえば南沢大滝のリードといった形で確認することができたのですが、その間に体型も変わってきているのが実感できていたので、この結果は意外ではありません。

とは言うものの、正直に言うと計測のベースになっている「体重65.0kg」というのはいささか疑わしいものがあります。確かに脂肪は減少しているでしょうが、それよりも筋肉の増加による体重増の方が効いているはずなので、この数値は計測係のお姉さんが下駄を履かせてくれたようなものなのかも知れません。

いずれにせよ、純粋なフリークライマーなら体脂肪率ひと桁を目指すのもありですが、スタミナ要素が強く出るアルパインクライミング向けの身体としては、このあたり(10%台の前半)がちょうどいい線ではないかなと自分で自分を納得させることにしています。