高見石〜中山

山頂 中山2,496m
分類 八ヶ岳
日程 2012/04/14-15
同行 Aさん / Sさん
概要 職場の先輩AさんとSさんを引率して、北八ヶ岳の高見石と中山へ。初日は、渋の湯から高見石小屋まで。翌日、中山を越えて黒百合平から渋の湯へ下山。
高見石からの展望。これだけの御来光風景に出会えたのは、久しぶりです。(2012/04/15撮影)
中山展望台からの展望。北アルプスから中央アルプスまでが一望。(2012/04/15撮影)

前夜、職場関係の女子2名との怒濤の飲み会から帰宅したのは午前1時過ぎ。短い睡眠の後、あおいちゃんのポスターに励まされるようにして渋谷駅を発ち、新宿発8時の特急で茅野を目指しました。

その目的は、3月の湯檜曽川スノーハイクでもご一緒した職場の大先輩SさんとAさん(お二人とも定年過ぎ)のリクエストに応えての、積雪期の北八ヶ岳の引率登山です。

2012/04/14

■11:50 渋の湯 ■15:05 高見石小屋

茅野駅からバスで1時間ほど揺られて、渋の湯着。ここの渋御殿湯にはずいぶん昔に泊まったことがありますが、そのときの記憶はほとんど残っていません。そして、下界では雨模様でしたが、ここではそれが雪に変わっており、雨具をフル装備にして登りを開始しました。

出だしの橋を渡ったところから登山道が凍結しており、すぐにアイゼンを装着。そこから樹林帯の中のあまり傾斜のない道を緩やかに登りました。渋の湯までのバスで一緒だった登山者は、我々以外はみな黒百合平を目指して違う道に向かってしまい、この日、高見石までの登山道で出会ったのは、下山してきた4人組の比較的年配のパーティーだけでした。

少しずつ標高が上がるにつれ、雪は本降りとなってゆき、賽ノ河原と呼ばれる開けた場所を越えて再び樹林帯に入ると、わずかの歩きでこの日の宿となる高見石小屋でした。

ここまで息が上がり遅れ気味だったAさんも、小屋に着いて何はなくとも煙草を一服すると落ち着いた様子でした。しかし、この日高見石小屋に泊まったのは我々3人だけで、小屋番の若者一人と合わせても周囲数キロ内にいるのは4人だけ。それも仕方ないだろうと思わせるほど、この日の雪はいつまでも大量に降り続いて、我々がつけたトレースもどんどん消していきました。

二階の大部屋の一角を贅沢に占領して、Aさんが持参したウイスキーとSさんが持参したおつまみをちびちびといただき、さらに夕食後は大部屋に戻って布団をのべると、私はこの一週間の睡眠不足を解消すべくただちに爆睡モードに入っていきました。

2012/04/15

■07:15 高見石小屋 ■08:45-09:10 中山展望台

午前4時45分起床。すぐに身繕いをして、Sさんと私とは小屋の裏手の高見石に登りました。素晴らしい快晴!美しいブルーと白の世界に、徐々に明るさを増しながら東の空の朝焼けがオレンジの光を投げかけて、やがてその一角から赤い太陽が顔を覗かせてくれました。これだけ完璧に美しい御来光に出会うのは、本当に久しぶりです。これを見て、来た甲斐があったとSさんも喜んでくれました。

小屋に戻ってもう一寝入りして、6時半から朝食をとると、小屋番青年に別れを告げてすぐに出発しました。前日の大雪でトレースはなくなっていますが、樹林の中につけられた道は明瞭で迷う心配がなく、積雪も膝までは達していないので、歩行に支障はありません。

ちょっときつい登り坂を中山を目指して登り続けましたが、前日へこたれ気味だったSさんもこの日は調子がいい様子で、目立った遅れを見せることなく高度を上げ続けました。そして1時間余りの頑張りの後、右はなだらかな地形の中を水平に進むようになり、やがて踏み跡も樹木もない開けた雪原地形に出ました。これが中山の展望台です。北アルプス方面の広闊な展望に恵まれたここで、景観を愛でながらしばし休憩。相変わらず天気は良く、西の方は大キレットをはさんで槍と穂高が並び立つ様子や、乗鞍、御岳、中央アルプスの山々、その前景として美ヶ原から霧ヶ峰、北に蓼科山、さらに遠くには浅間山の立派な山体もきれいに見えていました。

■10:00 中山峠 ■10:05-20 黒百合平 ■12:00 渋の湯

中山からは、もっぱら下降ばかりとなります。左手ににゅうや根石岳方面の大規模な窪地地形を眺め、見晴し台から東西天狗岳(大勢の登山者が登っていました)を見通すと、雄大な山岳展望はもうおしまい。

黒百合ヒュッテ前には何人かの登山者が休憩しており、さらに下界からも続々到着するところでしたが、皆例外なく立派なアイゼンを履いているのにはちょっとびっくり。この雪の状態ならアイゼンは不要のはずですが、天狗岳登頂の延長線上だったのかもしれません。ともあれ、我々はノーアイゼンのまま下山を開始しました。幸い、山道はきれいに踏まれていて歩きやすく、下降は予想以上にはかどりました。最後の最後に凍結した登山道を嫌ってアイゼンを装着することになりましたが、それでも黒百合平から渋の湯まで1時間40分なら御の字です。

この後、もちろん渋御殿湯の風呂で二日間の山行を締めくくり、茅野駅行きの最終バス(と言っても一日三便しかないのですが)に乗り込みました。Aさん、Sさん、お疲れさまでした。「反省会」は、いずれ下界で。