奥高尾縦走

山頂 陣馬山857m / 高尾山599m
分類 関東周辺
日程 2011/11/26
同行  
概要 陣馬山から高尾山までの低山縦走。そのまま高尾山口まで、歩いて下山。
陣馬山。青空が広がる山頂からは、先日走ったハセツネの山々も見えました。(2011/11/26撮影)
高尾山。見頃を迎えた紅葉目当ての観光客で、芋の子を洗うよう。(2011/11/26撮影)

2011/11/26

■11:35 陣馬高原下 ■12:25-40 陣馬山

8月に購入した、スポルティバのラプター10月のハセツネ用にと新調して、自宅の近所での試し履きもしてはあったのですが、ハセツネ当日のあいにくのコンディションに「ニューシューズをデビュー戦で泥まみれにするのはイヤだ」と自宅待機を命じたため、まだ実戦投入の機会がありませんでした。しかし、12月には御岳山でのトレイルランのレースが控えていることもあり、山道での試し履きと自分のトレーニングとを兼ねて、走り慣れた陣馬山から高尾山への道をこのラプターで流してみることにしました。

陣馬高原下のバス停から、のんびり出発。きれいな快晴で、気温も少々高めです。和田峠へ向かう車道の途中から山道に入って、陣馬山頂までノンストップの歩きで50分。ここまでは特に問題なし。

陣馬山頂の売店での補給は、一種の儀式のようなもの。夏ならかき氷ですし、寒い季節はこのおでんかけんちん汁。気合が入ったところで、高尾山への縦走路に踏み出しました。

■13:35 小仏峠 ■14:05-15 高尾山

ハイキングに絶好の日和のこの日、山道にはハイカーが多く、追い越しやすれ違いには気を遣います。特に子供連れの登山客を抜かすときは、確実にスピードを落として、声を掛けて。それでも小仏峠まで1時間を切って、これなら巡航ペースと言えそう。

小仏峠から高尾山まで、これまでの経験では約30分。陣馬山頂から高尾山頂まで90分以内を一応の目安にしていますが、どうやら間に合いそうな雰囲気が漂ってきました。

ハセツネのときにも9月の台風の爪痕を随所で見ましたが、この高尾山周辺にも派手な倒木がいくつか残されていました。ひやー、たいへんだったんだなと驚きましたが、実は後で、さらに凄い光景に出くわすことになります。

陣馬山から85分ちょうどで、高尾山頂の方角指示盤にタッチ。二日前にスポーツジムでバイクを漕いだ疲労が残っていて腿が上がらず、木の根に爪先をひっかけてすってんころりと転んだり、何ヶ所かの登り坂で歩いてしまったりしましたが、まあ私のタイムとしてはまずまずでしょう。

■15:30 高尾山口

高尾山頂の紅葉はちょうど見頃で、芋の子を洗うような人出。早々に下山を始め、途中の売店で胡麻団子を食したりしながら、ゆっくり下りました。

すると目に入ったのが、この光景。かなり激しく斜面が流されて、樹木が根こそぎにされています。これもどうやら、台風15号(による豪雨)が原因のようですが、同じ理由で3号路と4号路も通行止めになっていることを、下山してから駅前の掲示で知りました。

高尾山口の駅の近くで売っている、名物「酒まんじゅう」。ひとつ食べて帰りたかったのですが、あいにく今月は断酒月間としているため、泣く泣く断念しました。しかし、帰宅してから写真を拡大してみたら「一個一三〇円」の横に「麹で発酵させたおまんじゅうです」とあり、さらに小さい文字で次のような注釈が。

お酒は入っていませんのでお子様でも安心して召し上がれます。

それなら、買えばよかった……。

それはさておき、シューズの具合はまずまずだったし、自分の走力もそこそこ維持できていたことを確認できたので、今回のトレーニングは目的を果たせたと言えそうです。12月の御岳山でのトレイルランニングレースの後は来年4月までレースは入れていませんが、ロード嫌い・トレイル好きの私としては、山行の合間を見てはこのコースを走って、脚力維持に努めたいものです。