巻機山

山頂 巻機山1,967m
分類 上信越
日程 1990/04/14-15
同行 Fさん
概要 清水から井戸尾根を経て巻機山を往復。途中ニセ巻機先の避難小屋泊。
六合目展望台のヤグラ。ここから上は展望に恵まれませんでした。(1990/04/14撮影)
雲の切れ間から米子頭山方面。この尾根は朝日岳や白毛門につながっています。(1990/04/14撮影)

1990/04/14

■09:05-55 林道途中

六日町からタクシーで巻機山登山口ヘ。清水から5分程進んだ林道の途中で雪のため車を降りました。パッキングをし直し装備を調えたところ、スパッツのファスナーが壊れており、麻紐で応急処置をしました。

■10:35 登山口 ■11:00-45 三合目

雨で濁った川の水をポリタンクに詰めたり、道を誤ったりしながら、やっと登山口に到着。始めは明瞭だった道も、次第に樹間の雪道になりました。気温が高く、雪の下にたわんでいた枝が時折跳ね上がりました。

■13:50 六合目展望台 ■16:30 ニセ巻機 ■16:45 巻機山避難小屋

緩斜面の雪原に立つ木の上にヤグラが組んであり、ここから少し上で森林限界を越えることになります。ガスで視界は悪いものの、学生の大パーティーがべたべた刺した竹竿のおかげで道を見失う心配はありません。二セ巻機手前の急斜面で一瞬霧が切れて米子頭山方面の展望が開け、これが今回の山行唯一の展望となりました。

二階が半分ほど雪の上に出ている巻機山避難小屋に到着。小屋の中に入り、清潔に片づけられた床にテントを張りました。宿泊者は我々のみで、外は雷鳴と強風に変わりましたが、小屋の中は寒さも感じず快適でした。

1990/04/15

■09:00 巻機山避難小屋

04:00に起床して外を見ましたが、濃霧のため出立を遅らせることとし、テントの中でうだうだ。霧は一向に晴れませんが、いつの間にか他の登山者の足跡が山頂方向へ伸びており、後を追うように行動を開始しました。

■09:35-10:00 巻機山

稜線に出てから濃霧の中をコンパスを頼りに東へ3分で「巻機山山頂」の標識に出会いました。視界数mの平らな山頂には何の特徴もなく、またあまりにもあっけなく到着したためすぐには山頂とは信じられず、標識の雪に埋もれた下半分には「(巻機山山頂)はあちら→」と書いてあるのでは?と掘ってみましたが、それらしい様子もありません。しばらく辺りを歩き回りましたがどの方向も下っており、どうやら本当に山頂らしいと渋々(?)納得。コーヒーとチョコレートで登頂を祝いました。そうこうするうちにスキーをはいた登山者が霧の中から現れたので「どちらからこられました?」「避難小屋の方から」「?」。反対の牛ヶ岳の方から来たと見えたのですが、霧のために完全に方向を見失っていたのだとわかり、ぞっとしました。

■10:10-11:05 避難小屋 ■11:20 ニセ巻機

小屋に戻ってテントを撤収し、どんどん下ります。この頃からスキーを担いだ登山者が多数登ってくるのに会いました。確かにこの山は気持ちのよい広闊な斜面が多く、山スキーのメッカとなるのも頷けます。こちらも負けずにシリセードで高度を下げました。

■12:05 六合目展望台 ■13:30-40 登山口 ■14:10 清水

展望台の下からいつの間にか藪漕ぎとなり、悪戦苦闘の末、登山道に辿り着きました。雨の強くなる中を清水に到着。食堂で山菜だらけの蕎麦を食べ、タクシーを呼んで、一路六日町ヘ。