一ノ俣乗越から今早出沢へ(2019/09/14)

一ノ俣橋。上流側にも下流側にも数台分の駐車スペースがある。
橋の右岸側から踏み跡に入る。
一ノ俣沢の遡行。ところどころに小滝。
ナメ滝が何気に立派。
この沢だけでも意外に面白い。
帰りに懸垂下降した滝。
この滝は右岸側から。ここよりも少し手前の枝沢から巻く方がよい。
一ノ俣乗越。四人組の釣り師の皆さんにいろいろ教わる。
明瞭な踏み跡にしたがって下降。
途中でちょっと外したものの、手頃な沢を下る。
今早出沢入渓。明るい河原。
ところどころにこうした淵あり。
ここはへつりで通過できるか?
……と、左右に別れてへつってみたものの……。
……結局こうなった。
面白い造形の小滝。
2段横滝。
右から回り込むと泳ぎなしで取り付けた。
残りの二人は左から。
一段上がったら右岸側を簡単に上がれる。
この滝は左側からへつって岩を乗り越す。
谷が開けて矢筈岳前衛の山体が見えてきた。
標高590m右岸の幕営適地(右が上流側)。
奥の平坦地には先客がいたので、少し上がったところにツェルトを張った。
幕営地から上流へ徒歩10分、二俣から見上げるガンガラシバナ。明日はあれを登る。