塾長の山行記録

岳嶺岩

概要:岳嶺岩でアブミトレーニング。今年は大ハングも登ることができた。

日程:2018/06/14

山頂:---

分類:関東周辺

同行:セキネくん

B峰の大ハングを登るセキネくん。打たれているボルトをすべて使えばさほど遠くありません。(2018/06/14撮影)
A峰のワンピッチのラインを途中で切り、ハンギングビレイの練習。(2018/06/14撮影)

2018/06/14

■10:20-15:30 岳嶺岩

夏山シーズンに向けて、セキネくんとアブミのトレーニングをしようと奥多摩の岳嶺岩へ。去年までのようにセキネくんが山梨県に住んでいればもちろん三ツ峠へ向かうところですが、彼は今年の4月から茨城県に転勤になってしまったため、多少なりとも遠くない岳嶺岩に向かうことにしたものです。

昨年の9月にハマちゃんとこの岩場を訪れたときと同じく、なぜここにあるのかわからない公衆トイレの横から斜面につけられた踏み跡を下って、すぐに岩場に着きました。今日は木曜日とあって岩場には誰もおらず、どうやらじっくり練習ができそうです。まずは蚊取り線香ふた巻きに火をつけてから、身繕いをしてもっともノーマルな垂壁を持つA峰に取り付きました。

ここでお互いにリード&フォローで登って基本動作を確認したら、次は前回登れなかったB峰の大ハングです。昨年はジバチが飛び回っていたために敬遠したのですが、見上げてみてもそうした様子はなく、どうやら問題なさそう。そこでセキネくんの先攻で挑むことにしました。

威圧的に張り出したハングを持つこのラインも、実際に取り付いてみればボルトの間隔が短く、お助けスリングまで用意してあって、技術的な困難さはありません。ただし、我々はリングボルトとハンガーボルトを区別せずに使って登ったのですが、もしリングボルト限定でアブミを掛け替えていったとしたら、たぶん途中で大奮闘することになったでしょう。ともあれ、ハング壁でのフィフィの使い方や足の巻き込みとつっぱりのおさらいができて、よい練習になりました。

ウェーゲナーの大陸移動説を思わせるB峰とC峰の割れ目を見やりながら、しばし休憩。蚊取り線香をふた巻きも使っているのですが、羽虫たちにはあまりこたえていない様子です。

そそくさと練習再開。最初に登ったA峰のラインを途中で二つに分け、そこでハンギングビレイをして後続を迎える擬似マルチピッチの練習です。やってみると、狭い支点周辺でのロープやスリング、アブミの重なりが混乱を生じないよう、よく考えて紐の類を整理する必要があり、なかなか頭を使います。一方、アブミでのハンギングビレイは、二つのアブミにそれぞれ足をつっこんだだけだと痛くなりますが、フィフィを併用したり爪先もアブミの下の方に乗せることで腿の負担を軽減できることが、実感として理解できました。

この擬似マルチピッチをセキネくん→私と私→セキネくんの二回登って、この日の練習は終了しました。セキネくんは持参していたリンクカムをクラックに入れてそこにアブミで乗り込む練習もしていましたが、これまた収穫があったことでしょう。

ぽつぽつと雨の気配がしだしたところで、前回同様に川を上流に遡り、そちらから道路に戻ることにしました。途中には立派なボルダーや焚き火の跡もありましたが、空き缶などのゴミが無造作に捨てられているのを見たセキネくんは何も言わずにそうしたゴミを拾い集めていました。偉い!こうした善行を積んでおけば、きっと本番は天気に恵まれることでしょう。いや、そうした見返りを求める心が生まれた時点で私の方はダメなのか?