塾長の山行記録

裏同心ルンゼ

概要:裏同心ルンゼをF5まで登り、同ルートを下降。

日程:2017/12/24

山頂:---

分類:八ヶ岳 / アルパイン

同行:かっきー

F3は階段状。ここですれ違った4人パーティーの他は誰もいない、静かなクライミングだった。(2017/12/24撮影)
F5の向こうに大同心。部分的に立っているが、アックスがよく効いて気持ち良く登れた。(2017/12/24撮影)

昨年10月に谷川岳で負傷したかっきーの復活シリーズ第二弾。沢登りの方は丹沢の大山でめでたく復帰を果たしましたが、沢がOKならアイスクライミングも……というわけで、今年の1月にも登っていて気楽な裏同心ルンゼをチョイスしました。

2017/12/24

■06:05 美濃戸口 ■06:55-07:00 美濃戸 ■08:35-09:25 赤岳鉱泉

前日、栃木県の佐野での出稼ぎ仕事を終えたかっきーが私の自宅まで来てくれて、小淵沢の道の駅に24時半に到着。4時半まで仮眠をとってから、美濃戸口に向かいました。かっきーの4WDならそのまま美濃戸まで入ることもできたと思いますが、大事をとって美濃戸口からアプローチを開始しました。

峰ノ松目沢は遠目によく凍っているように見えました。ここも今年の1月に登っていますが、そのときはアイスクライミングだかラッセル訓練だかわからない状態だったので、いずれ再訪問したいところです。そして目を前方に転じれば、見慣れた大同心。しかし、これをかっきーが「キングコングの背中」と形容したのには目からうろこでした。なるほど、言われてみればゴリラの背中と頭のようにも見えてきます。

赤岳鉱泉に到着。アイスキャンディもいい具合に太っています。かっきーが持参した巨大ヤスリを貸してもらってアックスとアイゼンの先端を研いで、準備万端整いました。「家で研いでこいよ」というツッコミは甘んじてお受けします……。

さあ、行こう!

■09:50 裏同心ルンゼF1 ■11:30-40 裏同心ルンゼF5の上

ばっちりついた踏み跡に導かれて裏同心沢の奥へ進むと、よく凍ったF1が現れました。高さはさほどではないし傾斜も緩いので、ロープは出さずに登ることにしました。

かっきー復活の図。足首をひねる動作はまだ痛みがあるようですが、正対でガシガシと登る分には何ら支障がないようです。

F2からロープを出して、私がリード。F2と続くF3は、今年の1月と似たり寄ったりの凍り具合でした。この二つの滝の間で上から降りてきた4人パーティーとすれ違いましたが、これがこの日の裏同心ルンゼで出会った最初で最後のパーティーとなりました。

F4はほぼ雪の下。そしてF5は左半分が柔らかいドーム状の氷になっていて、水が滴っています。「これが最後だけど、リードする?」とかっきーに水を向けてみましたが、やはり足が痛むということで辞退されて私のリードです。

F5はピンポイントでつらら状のバーティカルな箇所がありましたが、その上にアックスがばっちり決まるので問題なく、気分よく登れます。そして落ち口左の少々不安定な箇所にある支点にセルフビレイをとって振り返ると、背後には御嶽山や乗鞍岳が純白のスカイラインを見せていました。

■12:45 裏同心ルンゼF1の下 ■13:05-35 赤岳鉱泉 ■14:35-40 美濃戸 ■15:15 美濃戸口

帰路は、後続パーティーがいないことと急な尾根道の下りによる足への負担を考慮して同ルート下降としました。

整備された支点ばかりではなく、灌木の幹に巻いただけのスリングも駆使しての懸垂下降の連続。この頃から徐々に青空が広がり始め、誰もいない沢の中でぽかぽかと日に温められると、つい気分がよくなって「スペシャルドリンク」に手が出てしまいます。

赤岳鉱泉に帰り着いて、これでリハビリ登攀は終了。Congratulations!! あとは美濃戸口までの歩きやすい道をひたすら飛ばすだけでした。