塾長の山行記録

シダンゴ山〜日影山(ブッツェ平)〜大野山

概要:寄からシダンゴ山に登り、林道秦野峠を経て日影山(ブッツェ平)。さらに大野山まで縦走して、谷峨へ下る。

日程:2017/11/05

山頂:シダンゴ山758m / 日影山(ブッツェ平)876m / 大野山723m

分類:関東周辺

同行:---

明るく開けたシダンゴ山の山頂。予想外に気持ちの良い展望台でした。(2017/11/05撮影)
林道秦野峠からブッツェ峠までの間で見かけた秋景色。(2017/11/05撮影)
大野山の山頂直下での小田原〜箱根方面の眺め。ススキが銀色に輝いていました。(2017/11/05撮影)

10月の後半を二週連続の台風で台無しにされた後、久しぶりに晴れマークが並んだ文化の日の三連休。その初日はジム仲間に河又の岩場で登ろうと誘いを受けていたのですが、しばらく治まっていた持病の腰痛(正確には足の付け根痛)が前日になって出てきたためあえなくドタキャンせざるを得なくなりました。しかし、そのまま三日間を無為に過ごすわけにもいかないと考え、セカンドプランとして用意していた丹沢南部のシダンゴ山へのハイキングに最終日に向かうことにしました。この山域はこれまで縁がなく、前から気になっていたところです。

2017/11/05

■07:30 寄 ■08:30-40 シダンゴ山

早朝の小田急線は徹夜明けの酔客でいつも混んでいますが、連休最終日の今朝もやはりの混み具合。それでも下北沢から運良く座ることができて、新松田駅まで楽をすることができました。係員さんに「すぐに出ますよ」と呼びかけられてあわてて乗った6時55分発の始発バスは比較的空いていて、ゆったり座席に腰掛けて朝食のサンドイッチを食べながら揺られているうちに、終点の寄に到着しました。丹沢の山にはこれまで何度も登っていますが、その登山口はもっぱら大倉と西丹沢方面で、寄に来たのは初めてです。ちなみに、手元の地図では「寄」には「やどろぎ」とルビがふられていますが、現地では「やどりき」と読ませるようです。

鍋割山を水源とする寄沢を渡り、茶畑が目立つ里山の景色の中の舗装路を指導標に従ってぐいぐいと登り、猪防護柵のゲートからは植林の中の山道。それも大した時間はかからず、傾斜が緩むと共にアセビが目立つようになると、ぽんとシダンゴ山の山頂広場に飛び出しました。

click

意外!私は「シダンゴ山」という奇怪な山名からカビやコケやキノコにまみれたジメジメしたところだろうと思い込んでいたのですが、本物の山頂は背の低いアセビに囲まれてからっと明るく開け、海側・山側とも展望に恵まれてすこぶる気持ちの良い場所でした。

click

山頂広場に置かれた祠にはカップ酒が供えられ、その隣の山名由来を示す石碑の前には法螺貝を模した巻貝。実は「シダンゴ」は震旦郷と書き、もとをただせばこの山に住み着いた仙人を「羅漢」を意味する梵語のシダゴンと呼んだことに由来するとのこと。なかなか由緒ある名前だったようです(詳しくは上の写真をクリック)。

■09:15 ダルマ沢ノ頭 ■09:45 林道秦野峠 ■11:00-05 ブッツェ峠

しばらく展望を楽しんでから、シダンゴ山から奥へ続く尾根筋の縦走にかかりました。

いったん急降下して林道を横断し、急な階段を登ってしばらく進むとダルマ沢ノ頭(標高880m)。ここを右折して標高を下げ、高松山に向かう尾根筋を離れて右へ、ザレて滑りやすい急坂をおっかなびっくり下ります。この一連のアップダウンはところどころ傾斜がきつく、侮れません。

降り着いた車道をほんの少し進むと、三叉路になっている林道秦野峠に着きました。竣工記念の石碑の周囲には紅葉と共にススキが穂を伸ばしていて、秋深しを実感させます。ただし本当の「秦野峠」はここではなく、鍋割山から南西に向かって大野山まで伸びる山稜の上にあります。

林道秦野峠から本物の秦野峠に向かう尾根道は両側から鹿よけの柵が迫る細い道になっていて、狭いだけならともかく鉄条網が衣類を傷つけそうで気を使います。しかし、その柵が終わる頃から植生が変わって広葉樹が目立つようになり、穏やかな日差しの中に赤や黄色に色づいた葉が美しい開放的な山道に変貌しました。そして主稜線が極度に狭まったところに乗り上がると、そこに立てられた指導標が右手へ5.0kmで雨山峠と示しています。事前にリサーチしたところでは木の標識が立っているという記録があったのですが、比較的最近立て替えられたのでしょうか。ここで標識通りに右へ進んで行けばやがて鍋焼きうどんにありつくこともできるのですが、あいにく今回は目的が違います。GPSで現在地を確認してから、多少後ろ髪を引かれつつも行き先が書かれていない左前方の踏み跡に踏み込みました。この日のゴールは先ほども言及した大野山で、ここからしばらくは地図では点線ルートとなっており、多少のルートファインディングが必要となるようです。そして、実はシダンゴ山からここまで私の前を行く単独の登山者の背中が時折見えていたのですが、この地点からは一人きりになりました。

わずかの間の痩せ尾根の下降の後、落ち葉が敷き詰められた広いコルから大きく登り返します。尾根の左手に獣道らしきものがついていますが、ここは稜線通しに進むのが正解。傾斜がなくなったら、幅広い尾根筋を鹿柵と随所に立てられた「水源の森林 神奈川県」の標識を頼りに進みます。ところどころ方向に迷う場面もありますので、少なくともコンパスは必携。できればGPSもあった方がよいでしょう(私はiPhoneに載せた「山と高原地図」アプリをGPSとして使いました)。

それにしても今日はいい天気。暑くもなく寒くもない爽やかな気候の中で、落ち葉の絨毯の上を気ままに歩く気分は最高です。木々も久しぶりの晴れの週末の陽光を目一杯受け止めているように見えます。

そして、ブッツェ峠に向かって下る坂道の北側の紅葉は見事。この日のハイキングの中で一番の見どころとなり、つい足を止めてはカメラを構えたために時間がどんどんたってしまいました。まだ色づいていない楓の木もありましたから、あと半月ほどはここで紅葉を楽しめることでしょう。

林道秦野峠を経て主稜線の南側を通っていた林道秦野線が主稜線を越えて丹沢湖側に向かうポイントが、このブッツェ峠です。ここで少しのんびりしていたら、北からやってきた自転車乗りが一人、峠を越えて南へ下って行きました。そちら側には「松田方面 路肩崩落により通り抜け出来ません」という看板が立てられていましたから、この林道は今ではチャリのためのものとなっているようです。

■11:20-30 日影山(ブッツェ平) ■12:20 秦野峠分岐点 ■13:05 湯本平分岐点 ■13:25-35 大野山 ■14:35 谷峨駅

ブッツェ峠からの登り返しは、最初に崩落跡のような痩せ尾根(さしたる危険なし)、ついで幅広ながら驚くほどの急斜面(こっちの方がよほど厳しい)となりますが、やがて傾斜がなくなって林の中の広場状になったと思ったら、その中の立木の一本に「日影山(ブッツェ平)876.4m」と手書きされていました。

山頂標識もベンチもないただの広場であるここをなぜブッツェ平と呼ぶのか不思議ですが、ものの本によれば語源は「武士平」で、南北朝時代に南朝方の武士団が追われてここに住み着いたことに由来するそうです。シダンゴ山といいブッツェ平といい、さらには塔ノ岳からの主脈線上に見られる修験道由来の地名といい、丹沢には歴史の襞がさまざまに残されているようです。

さて、この何もないブッツェ平で立ったまま行動食をとってから、さらに稜線上を南西に進みました。しばらくは植林の中の歩きやすい道で、木の間越しに北の方を見ると丹沢湖の湖面も見えていましたが、やがて道は竹藪の中に突っ込んでゆくことになります。

今回の行程ではここが核心部になるかなと思っていたのですが、案ずるより産むが易し。ところどころ背丈より高い薮となってはいるものの、足元の道筋は明瞭ですし竹も細く邪魔にならない程度なので、歩行に支障はありませんでした。そしてこの稜線上にも鹿柵が伸びており、道がその柵沿いを進む区間も少なくないので、このあたりでは道迷いの心配はあまりいらないでしょう。

竹藪漕ぎは15分程度で終わり、いったん南に開けた箇所を通って再び竹藪に入りますが、もう薮を漕ぐということはなく、明瞭に切り開かれた道を歩くことになります。

秦野峠分岐点の指導標。標識は行く手(大野山方向)と右手(三保ダム方向)を指しておりこちら側には矢印がありません。つまり、ここまでが点線ルートでここからが通常の登山道ということになります。あとは多少のアップダウンをこなしながら歩き続けて、やがて車道に降り立ちます。そしてこのあたりから、登山者と時折すれ違うようになりました。

足に優しくない車道歩きを30分弱続けて、急に観光地っぽくなったところがイヌクビリと地図に書かれているところ。なんて物騒な名前なんだ!と思っていたら、さすがにこのネーミングでは子供たちの教育によくないと思われたのか(?)、そこにある大野山ハイキングコースの看板の地図には「一本木分岐」と記されていました。

引き続き車道をゆっくり登ってゆくと道の左手に小田原から箱根へと続く広々とした景色が眺められ、その手前の斜面を覆うススキが銀色の穂を輝かせて神々しいばかりでした。そして枯れ草色の芝に覆われた広場状の山頂では大勢のハイカーが思い思いに寛いでおり、その向こうには丹沢湖から北丹沢の山並みが見通せました。

天気が良ければ富士山の眺めもよいようですが、あいにくそちらは雲の中。それでもこの広闊な眺めには癒されます。

JR御殿場線の山北駅へ下ればそのまま「さくらの湯」に入ることができますが、さして汗もかいていないので最寄りの谷峨駅への下降路をとりました。ススキが見事な斜面の中の登山道をとんとんと下って行きましたが、下界が近づいたところで時刻表を調べてみると、次の列車に間に合うかどうか微妙なタイミング。つい競争心が頭をもたげてしまって最後の徒歩30分ほどの距離を小走りに急いだため、列車到着の3分前に駅に着いたときには汗びっしょりになっていました。

この丹沢湖南東の山域にはこれまで山歩きでも沢登りでも縁がなく、今回が初見参だったのですが、思いの外楽しいハイキングができました。丹沢にはこのように自分的に手付かずの区間が随所にありますから、これから長い時間をかけてそうした未踏の山道を丹念に歩いてみるのも面白いかもしれません。