塾長の山行記録

陣馬山〜高尾山

概要:陣馬山から高尾山までの低山縦走。

日程:2015/10/12

山頂:陣馬山857m / 高尾山599m

分類:関東周辺

同行:---

陣馬山頂。ここから高尾山までひとっ走り。(2015/10/12撮影)
高尾山頂。陣馬山からここまでひとっ走り。(2015/10/12撮影)

体育の日の三連休は第一候補:明星山、第二候補:宝剣岳中央稜でパッキングをしていたのですが、あいにく中日は全国的に雨の予報。そうなると、石灰岩で滑る上に渡渉が厳しくなる明星山はアウトですし、宝剣岳のように3,000m近い稜線は確実に風雪になるのでこれもダメ。相方と協議の末にやむなく山行は諦めて、私の方は最終日に軽いランでお茶を濁すことにしました。

2015/10/12

■13:15 陣馬高原下 ■14:05-20 陣馬山

登山道が少しでも乾くようにと遅めの出発にして、陣馬高原下には13時過ぎに到着しました。

出だしの山下屋さんの軒先に地酒「八王子城」や「桑の都」が置かれていて、危うく誘惑に負けてここで敗退するところでしたが、どうにか理性が勝りました。

毎度のペースで50分で陣馬山頂。さすがに遅い時刻とあって遠くは霞んでよく見えませんでしたが、みそこんにゃくをいただいてしばし落ち着いてから、おもむろに縦走路に入りました。

■14:40 明王峠 ■15:25-30 小仏峠 ■16:05 高尾山 ■16:30 ケーブルカー高尾山駅

陣馬山から高尾山への縦走路は、季節や時間帯によってはかなり混雑するのですが、今日はいい具合に空いています。ただ、新調したばかりのザックとストックの相性が合わず、たびたび立ち止まってはストックの取り付け方を変えることになりました。

勝手のわかっている縦走路をゆっくり走り、明王峠を経て使える巻き道はすべて使って小仏峠へ。

慢性的に傷めている膝もふくらはぎも最後まで言うことをきいてくれて、かすかに紅葉が始まっている高尾山頂に到着。陣馬山からここまで、今までの最短時間は85分ですが、この日は105分かかっていますから、相当に遅いペースです。まあタイム狙いではなかったのでかまわないのですが、それでも100分を超えると少々悔しいものがあります。

山頂で一息ついてから、観光客のペースに合わせてケーブルカー高尾山駅まで。待ち時間は20分とのことだったので、迷わず改札前の行列の後ろにつきました。