塾長の山行記録

陣馬山〜高尾山

概要:陣馬山から高尾山までの低山縦走。下りは琵琶滝経由で高橋家に直行。

日程:2015/04/19

山頂:陣馬山857m / 高尾山599m

分類:関東周辺

同行:トモミさん

陣馬山頂。どんより空から時折雨が落ちてきたが、最後までどうにかもってくれた。(2015/04/19撮影)
高尾山頂。いつの間にこんな標識が?(2015/04/19撮影)

もとはと言えばこの日はアプローチシューズの慣らし運転という趣旨で軽めのハイキングの予定を入れていたのですが、1週間前の岩殿山でその目的は果たしてしまったため、単なる癒し系山行として奥高尾を歩くことにしました。紆余曲折あって昨年の生藤山と同じくトモミさんとのデート山行になったので、それならそれで目標を立てようと設定したテーマは「すべての茶屋に立ち寄れ!」作戦です。

2015/04/19

■09:30 陣馬高原下 ■10:20-25 和田峠 ■10:40-11:10 陣馬山

高尾駅北口でトモミさんと待ち合わせて、激混みのバスで陣馬高原下に到着。ここからまずは車道をひたすら登って和田峠へ向かいます。

少々蒸し暑い道を登り着いた和田峠の茶屋は閉まったまま。ここで一息いれてから、陣馬山への坂道に取り付きました。

鯉のぼりがはためいている広場が見えてきたら、もうそこは陣馬山頂です。

陣馬山頂には信玄茶屋、清水茶屋、富士見茶屋の3軒が客を取り合っていますが、今日は展望がさほどきかないこともあり、清水茶屋で休憩をとることにしました。

トモミさんが目をつけたのはゆずワイン……ではなくて「ゆず坊サイダー」でした。私はけんちん汁を注文したのですが、待てど暮らせど出てきません。それもそのはず、茶屋の切り盛りは女性が一人でてんてこまいになっており、やっとけんちん汁を持ってきてくれた女性になかば呆れて「大変ですね」と声をかけると「社長が用事があって遅れていて。『社長出勤』にもほどがありますよね」。噂をすれば影というのは本当で、まさにそのときにバイクに乗っておっちゃん……もとい、「社長」が出勤してきました。

■11:40 明王峠 ■12:30-13:05 景信山 ■13:20 小仏峠 ■13:40 城山 ■14:20 高尾山

陣馬山から高尾山まではトレイルランで1時間半程度の距離ですが、今日はのんびり歩きます。何しろ「すべての茶屋に立ち寄れ!」がテーマですから。

陣馬山頂直下のピンクの桃の花を愛で、走り慣れた道をしばらく歩くと、明王峠。茶屋は開いてはいましたが、商売気が少ないのか商品の陳列もほとんどなく、店員も引っ込んだままです。ところで、この前後だったと思うのですが、すれ違った団体の先頭で引率していた若い女性の顔に見覚えがありました。たぶん彼女は、シャモニーで一日だけご一緒したMさんじゃないかな?山道が斜面を狭くトラバースする場所だったために、声をかけて確認する間もなかったのですが。

景信山は立派な茶屋が大賑わいで、ここでは2人して名物のなめこうどんをいただきました。

景信山から小仏峠方向へ少し下った斜面に、立派な桜の木が立っていました。ここに限らず、陣馬山から高尾山にかけての山道で見かける桜はどれも背が高くて、生命力に溢れているように思えます。

諸行無常を思わせる小仏峠。ここで茶屋が開いていたら繁盛すると思うのですが、後継者難で閉じてしまったのでしょうか?小仏峠から城山方向へ少し上がったところの売店は2004年には開いていたのですが、こちらも今は廃墟のような状態です。

その代わり、城山の頂上は素晴らしい桜の森の満開の下でした。

こちらには春美茶屋と城山茶屋の2軒が仲良く(?)背中合わせに並んでいましたが、ここは通過するだけ。

一丁平を経て、道はもみじ台に差し掛かりました。ここまで気合の入った歩きを見せていたトモミさんもさすがにもみじ台手前の急坂には心が折れたらしく、みもじ台の茶屋の前で椅子に座って一息つきました。

そして、この石段を登れば高尾山頂=下界の延長線上ということになります。

やれやれお疲れ様でした。茶屋巡りもここで終了です。

薬王院の中を抜けて、ケーブル駅に向かいます。もちろん、途中での健脚祈願も忘れません。

■15:15 琵琶滝 ■15:25-45 清滝(高橋家) ■15:50 高尾山口

この日は珍しく、琵琶滝経由で下ることにしました。その理由は後ほど。

滝行場となっている琵琶滝へはいかにも山道らしい急降下をこなして達し、あとは歩きやすい道を清滝駅まで歩いて山行を終了しました。