明神岳東稜(2006/04/29-05/01)

上高地からの明神岳。快晴の空。
明神の橋から見上げる。右のコルにひょうたん池がある。
養魚場。道からすぐにわかる場所にある。
丸木橋。いつ折れてもおかしくない雰囲気。
赤布が間違えようのない間隔で続く。
下宮川谷。奥は五峰の岩場。
宮川のコル。なぜかテントが残置されていた。
ひょうたん池への斜面。左からの雪崩に注意。
デブリ。くわばらくわばら……。
ひょうたん池。といっても、ただの雪の窪地。
キレンジャーNiizawa。後ろに二人組が登っているのが見える。
テント村。奥から四人・二人・単独・我々。
二日目。前日とは打って変わったガスの中を出発。
第一階段。きつい雪の斜面。
右に回り込み氷のルンゼをダブルアックスで登る。
稜線の雪。この時期この量は尋常ではない?
ラクダのコル。テントを張って天気待ち。
眼下に梓川。
バットレス全景。核心部は手前の岩の背後。
下部岩壁を左に回り込む。雪は安定していた。
下部岩壁左の登り。
核心部のスラブ。右寄りの凹角を登る。
取付き。フィックスロープが見える。
上から撮影。最後は左(写真では右)壁に乗り上がった。
後続するNiizawa氏。フィックスロープを使いなかった。
スラブの少し上にビレイポイントがあった。
核心部の後も、さらに急登が続く。
背後に東稜。素晴らしい高度感。
主峰頂上直下のトラバース。この先で二峰が見えてくる。
明神岳主峰頂上。奥は前穂高岳。
すぐ近くに二峰。左寄りの凹角がルート。
主峰直下のコル。風の通り道になっている。
雪面を掘りテント設営。この後に厳しい夜が待っていた。
1時間おきにテントの外に出て除雪……。
風雪の中でも爆睡する人。
三日目、強風(左→右)の中でテントを畳みた。
コルから二峰を見上げる。フィックスロープも見える。
二峰の凹角。階段状のIII級だが、ランナーがとれません。
終了点のNiizawa氏。左から回り込むように登った。
二峰頂上からの主稜。中央が三峰、左が四峰、奥が五峰。
振り返ってみた明神岳主峰。
三峰。風が強く、稜線通しは困難でした。
よって右の雪面を巻く。雪は安定していた。
三峰の先。その先に大正池。
四峰と五峰。五峰の右下に幕営するはずだった台地が見える。
三峰の下り。部分的にクライムダウン。
四・五のコル。ここから右へ岳沢側に下った。
下降開始。最初はガラ場だが、すぐ雪渓になる。
前明神沢雪渓の下り。シリセードも交えて快調に下る。
最後に徒渉。水量が少なく、ほとんど靴を濡らさずにすむ。
上高地からの明神岳。お疲れさまでした。