万太郎谷井戸小屋沢(2005/10/01-02)

駐車場からすぐの入渓点。穏やかな流れの河原。
しばらくはこうしたゴーロが続く。
テーブル状の岩。なんとも不思議な造形。
まるで石切り場のよう。このあたりひろた氏はノーヘル。
ナメの真ん中の水流。水が彫り込んだ水道が美しい。
関越トンネル換気口。突然の人工物に驚かされる。
オキドウキョのトロ。右上からオキドウキョ沢が合わさる。
左壁をへつるひろた氏。この先バンド状になって続く。
トロの奥。ここは右壁を上がって巻いた。
井戸小屋沢出合。小休止後、いよいよ突入。
最初の3m滝。実は左から簡単に巻ける。
落としたスリングとビナを回収。鵜飼のようだった。
F1。さすがにここは右から巻いた。
いい感じにゴルジュや滝が続く。
どの滝もさして難しくないのが嬉しい。
あくまで流芯にこだわる(!)ひろた氏。
F3。左右どちらからでも登れる。
ここは左から越えた。つるっとした岩肌がきれい。
小障子沢出合。少し早いが、幕営適地はここしかない。
テント。背後の斜面に増水時エスケープ用のロープを張った。
盛大な焚火。地球温暖化に一役買ってしまった。
井戸小屋沢の入口。出だしからしょっぱい小滝。
空身で登るひろた氏。右手は草をつかんでいることに注目。
続く連瀑は左から高巻いた。
巻き終わると開けて稜線が見えてくる。
こうした手頃な滝が続いて、とても楽しい。
ナメと小滝がどこまでも続いて、まったく飽きさせない。
小滝の連なりはまだまだ続く。
沖障子沢を分けた後のナメ滝。問題なく登れる。
F8。ガイドブックに記された高さのわりに、とても立派な滝。
F8を上から見下ろしたところ。右から登れば簡単。
さらにナメが続く。このあたり天気も回復して快適。
上流の雰囲気……と思いきや、まだまだ先は長い。
巨岩帯。このあたりでお腹がぐるぐるして小休止。
二俣の先の門のような滝。これは右から巻いた。
ひろた氏がはまりかけた滝。巻いた私のお助け紐で突破。
三俣。いよいよ核心部が近づいてきた。
30m滝。いったん左の沢筋に入って巻いたが、失敗だったかも。
草付きと2段目。本来は直進だが、ロープをつけていないと厳しい感じ。
結局左上の斜面に追い上げられてしまった。
ノーコメント……。
やっと沢筋に戻ると、バンド状に踏み跡あり。
岩の割れ目のような地形の中を、ひたすら登る。
ここは楽しいボルダリング。この後右壁に手を飛ばせばOK。
草付きを巻く。この頃はすっかりガスの中だった。
ほぼ最後の滝。この後にもうひとつ脆い壁が出て滝は終わる。
ほっと一息。ようやく落ち着いて補給タイム。
沢形が薄くなっていく。そして待っていたのは……。
なんなんだ、この沢は……。
ようやく登山道に合流。疲れた……。