前穂高岳屏風岩東壁東稜(2005/09/18)

屏風岩東壁全景。手前のT4尾根から登攀が始まる。
T4尾根取付き。先行パーティー三人、後続が二人と空いた。
T4尾根1ピッチ目を見上げる。先行三人の速いこと。
T4尾根1ピッチ目を見下ろす。我々はビスターリで行く。
T4尾根2ピッチ目。後続二人にも抜かされた。
T4尾根2ピッチ目の途中のつるっとした垂壁。
T4直下。頭上に屏風岩がのしかかる。
雲稜を登る先行パーティー。早くもフォローが登りだしていた。
「フリークライミング」を登る二人。我々の遅さを痛感……。
T2で気合を入れるSakurai氏。遅ればせながら、スタート!
1ピッチ目の小ハング。ハングの上で二か所3mmスリング使用。
2ピッチ目途中から。傾斜がきつくないので余裕アリ。
2ピッチ目を登る私。ここはひたすらアブミの掛け替え。
2ピッチ目を登るSakurai氏。早くも高度感抜群。
2ピッチ目ハンギングビレイ中の私。
3ピッチ目を左上するSakurai氏。フリー区間はお手の物。
3ピッチ目を後続する私。アブミの後だとちょっと怖い。
4ピッチ目を偵察する私の頭。Mac OS搭載。
4ピッチ目のトラバース。背景の空がどこまでも高い。
ビレイ中のSakurai氏。手前のスリングがぼろぼろなのがわかる。
4ピッチ目をさらに登る。このあたりから右へ回り込む。
4ピッチ目を登るSakurai氏。ここまで来ると高度感が麻痺してくる。
5ピッチ目の登り。アブミからフリーへ移るところ。
5ピッチ目上からビレイするSakurai氏。岩はしっかりしていた。
6ピッチ目。ロープの向きとビレイヤーの位置に注目。
最終ピッチを見上げる。右手に顕著なピナクル。
最終ピッチの垂壁。簡単なアブミの掛け替え後、フリー。
最終ピッチ後の樹林帯。念のためもう1Pロープを伸ばした。
登攀終了。お疲れさまでした。
1時間のアルバイトで着いた屏風ノ頭。後方は涸沢。
こちらはへろへろの私。バックは常念岳。
屏風ノ耳。かなり日が傾いてきた。
下界を目指す。この時点では間に合うと思っていたのだが……。