横岳西壁小同心右稜〜小同心クラック(2004/12/19)

小同心ルンゼ。左の尾根筋が小同心右稜、右は無名峰北稜。
下部岩壁の始まり。短い薮漕ぎの後に取り付く。
リードするきむっち。意外に立っていて難しいピッチ。
後続する現場監督氏。草付きのアックス登攀。
いったん緩やかな尾根筋に抜ける。
小同心の岩峰が見えてきた。雪がついていないのが寂しい。
緩やかな稜線から上部岩壁へ。ここらはコンテでOK。
上部岩壁のスタート。引き続ききむっちリード。
上部岩壁の途中。II級程度の草付き斜面。
見上げる小同心左岩峰。先行パーティーが見える。
小同心右稜最上部。左がきむっち、右が私。
小同心右稜を抜けたところ。この頃から雲が出始めた。
小同心クラックの出だし。きむっちを確保する現場監督氏。
小同心クラック1ピッチ目のきむっち。高度感がなかなか。
小同心クラック2ピッチ目。上が詰まっていて途中で切った。
チムニー登り。この写真は後に年賀状で使った。
肩へ抜けるピッチ。こちら側から登るのは初めて。
小同心左岩峰頭の直下。あとは横岳直下の1ピッチを残すのみ。
横岳直下。ガスの中、日暮れが刻一刻と近づく。
横岳山頂。完登を祝って握手。