尾白川黄蓮谷右俣(2003/09/06-07)

尾白川入渓点。左=Sakurai氏、右=Niizawa氏。
グリーンの釜。真夏のかんかん照りなら泳ぐところ。
女夫ノ滝。左からすんなり巻ける。
ナメ滝を上から見る。滑り台にするには水圧が強すぎる感じ。
鞍掛沢出合の先の滝。取り付ければ簡単そうだが、釜が深し。
水に入ってみたが猛烈に冷たく、あえなく巻き道へ。
壁状の滝。ここは右から高巻いた。
遠見滝。これも右から巻いてしまう。
噴水滝全景。1段目は水流の左を登れる。
噴水滝を見下ろす。自然の不思議な造形。
噴水滝の上。この後、左から巻き上がる。
水路状の流れ。このあたりはちょっと退屈。
黄蓮谷に入ってすぐの滝。左にロープがあるが、右から巻いた。
千丈滝。左からあっさり巻ける。
坊主滝。この下でツェルトを張ることにした。
絶好のテントサイト。ビールがうまかった。
15m滝。ここは左から木登りで越えた。
III級の木登り。手前の岩が落ちそうで恐かった。
雪渓。ここに左俣が直角に合流する。
急な滝。いつの間にか奥千丈滝に入っていた。
トイ状の滝。フリクションはしっかりきいて安心。
スラブ滝の右を登る。しっかりしたバンドが歩きやすい。
壁のような滝。ガスさえなければ気分よさそう。
またまた小滝。ちょっとテクニカルで面白い。
斜めに走る滝。もうどこを登っているのかさっぱり見当がつきない。
逆くの字滝?とにかく難しくはない。
逆くの字滝の上。このあたりは楽しかったのだが……。
細く急な滝。行けば行けそうだったのに巻いて大失敗。
スラブの高巻き。結局ずいぶん登ってから引き返すことになった。
スラブのトラバース。一時的にせよガスが晴れて助かった。
奥の二俣手前の滝。ここでも巻きに失敗して時間を使った。
3段ノ滝。これが最後の滝場となる。
3段ノ滝上段途中のバンド。この後にシビアなピッチが……。
3段ノ滝上段1ピッチ目。ピトンにスリングをかけてA1とした。
上から見下ろすと、気分の良い高度感。
残置スリングに乗る。ところがスリングが切れて右手へ転進。
核心部のピッチ。この後セミになりかけた。
源頭の様子。頭上に青空が近づいてきた。
稜線直下。ガスを抜けて光の中に入っていく。
やっと稜線に出た。山頂まではわずか10分。