天狗岳〜硫黄岳

日程:1999/12/25-26

概要:渋の湯から黒百合ヒュッテまで歩いて泊。翌日、天狗岳から夏沢峠を越えて硫黄岳に達し、美濃戸へ下山。

山頂:東天狗岳2,640m / 硫黄岳2,760m

分類:八ヶ岳

同行:---

ハイライトシーン

朝日に染まる天狗岳。中山峠からの登りから仰ぎ見る。(1999/12/26撮影)
天狗岳山頂から硫黄岳方面を眺める。手前の小さいピークが根石岳。(1999/12/26撮影)

1999/12/25

■13:35 渋の湯 ■15:45 黒百合ヒュッテ

「しまった、出遅れた!」

渋谷駅の緑の窓口で時刻表を確認して、思わずつぶやきました。新調したプラブーツの慣らしを兼ねて、八ヶ岳の主稜線の中でまだ歩いたことがない天狗岳〜硫黄岳の間をトレースするために家を出たのですが、あらかじめ時刻表を見るゆとりがなく、とりあえず10時頃新宿を出ても間に合うだろうと思っていたのに、いま確認してみるとバスの接続が悪くてこのままでは明るい内に黒百合ヒュッテに着くことができない……と後悔しながら茅野駅到着。行動食を買い、昼食をとってから渋々タクシーに乗りました。降り立った渋の湯で冷たい風の中ヤッケをまとい、プラブーツに履き替えて出発。冬らしい暗い曇り空の下、雪に覆われた樹林の中の坂道を淡々と登り、ほぼコースタイム通りに黒百合ヒュッテに着きました。

薄暗いヒュッテの中も、目が慣れると大勢の客がそこここで宴会を繰り広げているのがわかります。割り当てられた寝床は階段を上がった二階から、さらに身をかがめてもう一つ上がったメゾネット形式の三階(早い話が屋根裏部屋)。一階に戻って燗酒をちびちびやりながら明日のコースを確認しているうちに夕食となりました。今日のメニューは、御飯・味噌汁・おでん・諸々のお惣菜に、クリスマスなのでチキンとケーキがついた豪華なものでした。

すっかり満腹になって三階に戻りましたが、ここからが長かった!どこかの団体が二階に陣取って宴会を始めたのですが、消灯時刻を過ぎても一向に静まる気配がありません。二階と三階は空間としては一体なので、二階でわいわいやっている声が天井に反射して三階を直撃する仕組となっています。真っ暗な中でよく飲みつづけられるものだと感心はしましたが、「静かにして下さいよ!」と抗議されても声をひそめるだけで宴会は止まりません。一応、誰かが大きな声を出すと仲間が「しーっ!」と注意するようになったのですが、その声自体が耳についてうるさく、とうとう三階の住人が起き出して「寝られないじゃない」「消灯時間過ぎてるのに」「小屋の印象が悪くなるわよ」と暴動寸前になったところで、さすがに二階の宴会組も雲行きを察知して「まだ9時半なのに……」などとぶつぶつ言いながら就寝しました。

1999/12/26

■06:40 黒百合ヒュッテ ■06:45-07:00 中山峠 ■07:50-08:10 天狗岳 ■08:30-50 根石岳 ■09:30 夏沢峠 ■10:45-11:10 硫黄岳 ■12:05-25 赤岳鉱泉 ■13:30-50 美濃戸山荘 ■14:25 美濃戸口

5時に起床。外に出てみると月が明るく、星もきれいに見えています。小屋に戻ると夕べの宴会組が一階で早くも飲み始めているのに呆然。

宴会A「夕べは二回も怒られちゃったな、ハッハッハ」
宴会B「でも◯◯小屋のときなんか五回も怒られたじゃないか、ワッハッハ」

…… 大したものです。それはともかく、朝食をすませたらすぐに身繕いをして出発。まず中山峠に向い、わずかに天狗岳寄りのビューポイントで御来光を待ちました。だんだん明るくなるとともに甲武信ヶ岳から金峰山にかけての奥秩父の山並がはっきりと見えるようになり、その向こうの雲の峰のふちがオレンジ色に輝いて、7時ちょうどに太陽が姿を現しました。

岩と雪がミックスした稜線通しの道を登り、誰もいない東天狗岳山頂に到着。今回の山行のテーマのもう一つはQuickTimeVRによるパノラマの素材撮影です。ぐるり一周の撮影ポイントとして事前に考えていた候補地は天狗岳・硫黄岳の両ピークと、その中間の根石岳山頂。ところが快晴の天狗岳山頂は風が強くもの凄い寒さで、カメラの設定のためグローブをはずしたところわずか1分ほどで指の色が変わり刺すように痛くなってきました。しかも低温で電池の電圧が下がっているのか、デジカメがなかなかこちらの言うことを聞いてくれません。そうこうしているうちに後続の登山者がぞろぞろ登り着いてきたため、ここでのパノラマ撮影は断念せざるを得なくなってしまいました。

天狗岳から少し痩せ気味の稜線を下ってわずかに登り返したところが根石岳で、東西両天狗岳と硫黄岳の爆裂火口壁が眺められるので、ここからでも面白いパノラマが撮れそうです。しかも天狗岳からこちらへ下ってくる登山者は他にはおらず、安心して写真を撮れます。一人不気味にほくそ笑みつつ根石岳の山頂でカメラを構え、ぐるぐる回りながら撮影しました。しかし、デジカメというのは一枚撮ると次の一枚を撮れるようになるまでに数秒かかります。その間、構図がぶれないようにじっとカメラを構えたまま立ち尽くしていなければならないわけで、この様子を天狗岳の山頂から見ている人がいたら、あのアホは何をやっとるんや?と思ったことでしょう。

写真を撮り終えて硫黄岳の方に向かおうとしたところ、太陽の下にきらきら輝く光の柱ができているのに気がつきました。おそらく雪の非常に細かな粒子が風にのって舞っているところへ太陽の光が乱反射して輝いているものでしょうが、何かとても不思議な神々しいもののように思えました。

根石岳から箕冠山を越えて二軒の山小屋が向かい合う夏沢峠に到着。この区間の雪が深いことを懸念してワカンを持参していましたが、しっかりトレースされていて無用でした。ここから見上げる硫黄岳の火口壁は垂直で高いのですが、道は意外に歩きやすく緩やかに高度を上げていきます。しかし、西の方から黒い雲が押し寄せてだんだん見通しが悪くなり、硫黄岳の山頂は荒れ模様となっているのが見てとれました。

山頂まであと少しとなり、火口壁を左に見ながら歩いている途中で、ふっと左足が軽くなり「カラン」という音がしたのに驚いて足下を見ると、アイゼンがはずれて足首からぶら下がっていました。どうやら新しい靴にアイゼンを合わせたときにかかとの側の調整が十分ではなかったようです。ひやーっ、と思いながら装着しなおしましたが、これがクラストした急な下り斜面だったら一大事になるところでした。

硫黄岳の山頂は雲の中に入っており、冷たい風が吹きまくっています。ザックを山頂標識のところにデポして火口のふちを端まで歩いてみましたが眺めはまったく得られず、すごすごと下山を開始しました。ここから先は春にも歩いた道で勝手がよくわかっています。赤岩ノ頭から樹林の中を下って赤岳鉱泉に着き、ここで行動食を食べ、アイゼンを外しピッケルもザックにくくりつけてストックに持ち替えます。美濃戸山荘でバスの時刻を確認してからお汁粉を注文。美濃戸口から茅野に向かうバスからは、きれいに雲がとれて北から南まで全山晴れ渡った八ヶ岳の姿が見事でした。