八甲田連峰

日程:1996/08/13-15

概要:田茂萢湿原から赤倉岳、井戸岳を経て最高峰・大岳に登り、高田大岳をピストンして酸ヶ湯に下る。ついで猿倉温泉から旧道を辿り、旧道幕営地にザックをデポ後、櫛ヶ峰を往復。テントで一泊後、黄瀬沼を往復してから猿倉温泉へ下山。

山頂:大岳1,585m / 高田大岳1,552m / 櫛ヶ峰1,517m

分類:東北

同行:---

ハイライトシーン

八甲田大岳から見下ろす井戸岳。麓に建っているのは大岳避難小屋。(1996/08/13撮影)
仙人岱から見上げる八甲田大岳。明るく乾燥した広場は、登山者が踏み荒らしてしまった元湿原。(1996/08/13撮影)
南八甲田の木道。ワタスゲの白さが心を癒してくれる。(1996/08/14撮影)
黄瀬沼。展望は得られなくても、私の山行歴の中の宝物。(1996/08/15撮影)

1996/08/13

■09:00 山頂ロープウェイ駅 ■10:20 赤倉岳 ■10:25 井戸岳 ■10:45-50 大岳避難小屋

青森駅前から十和田湖行き始発バスに乗り、ロープウェイに乗り継いで山頂ロープウェイ駅から歩き出しました。

ゆっくり順路を進むと田茂萢湿原が広がりましたが、ここで展望台から降りて湿原に入り写真を撮ろうとした男性がいたので、つい怒鳴りつけてしまいました(マジギレ)。見れば人の良さそうな老人であり、こういう人が罪の意識なく自然を破壊することに暗澹となりました。

そのまま道は赤倉岳目指して高度を上げていますが、久しぶりにテントを担いでいるため足取りが遅々として進みません。それでも、オコジョらしい動物を見かけたりしながら足を進めるうちに登り着いた五色岩からは稜線慢歩となり、赤倉岳の曝烈火口や井戸岳のきれいな摺鉢火口を見てから、八甲田大岳への鞍部に下ります。ここに建つ大岳避難小屋は真新しく清潔で、泊まりたくなりました。

■11:15-40 八甲田大岳

鞍部からの登りは急坂ですが、意外にあっけなく山頂に到達しました。木の柵に囲まれた山頂には軽装の登山者が思い思いの格好でくつろいでおり、井戸岳ほど見事ではありませんがここにもすり鉢火口が見られます。毛無岱から田茂萢方面を見やると、遠くに青森市街も見えました。

ジャムパンなどで昼食にしていると、犬を連れた登山者が現われ、主従共々食事を始めましたが、牛乳を皿にあける間、犬がおすわりをして行儀良く待ち、主人の「よし」の声を聞いてから飲み始めたのには感心しました。

■12:15-25 仙人岱ヒュッテ ■12:50 小岳 ■14:10-20 高田大岳 ■15:20 小岳 ■15:40-55 仙人岱ヒュッテ ■17:00 酸ヶ湯沢野営場

大岳から南へ下り、高田大岳へのピストンのためにヒュッテへ荷物をデポしました。ヒュッテの中は思いの外に明るく清潔。デイパックに水と行動食、ヤッケを詰めて元来た道を分岐まで引き返しました。

湿った道から小岳山頂に着きましたが、ガスで展望はなし。高田大岳方面の道はあまり踏まれておらず、ピストンでも相当の時間がかかることから二の足を踏みましたが、意を決して下りにかかりました。怒濤の笹原を下り、湿原地帯を抜けて再び笹の下を潜るように登り返します。森林限界を超えたあたりで今日二匹目のオコジョに会い、さらにひたすら急登をこなしました。小岳山頂からの道では誰にも会いませんでしたが、高田大岳山頂には谷地温泉から登ってきたアマチュア無線家が立派なアンテナを立てて交信中でした。しかしここもガスで展望がなく、そそくさと来た道を引き返しました。

デポしてあった荷を回収し、地獄湯沢沿いの道を酸ヶ湯へと下ります。硫黄の匂う地帯を抜けると間もなく車道に出、野営場に入りました。料金の支払は酸ヶ湯温泉フロントで行っており、自然と酸ヶ湯に入れる仕組みになっていました。

1996/08/14

■09:15 猿倉温泉バス停 ■10:35-40 ヤビツ谷地 ■12:30-50 旧道幕営地 ■14:10-20 櫛ヶ峰 ■15:20 旧道幕営地

酸ヶ湯からバスで移動。バス停で降りて車道を奥に入るとすぐに猿倉温泉があり、その奥まったところから山道が続いています。山道といってもかつては軍道(かつては十和田湖まで伸びていた模様)であり、軍用車が通れるように起伏を避けて極力平坦に作られているので歩きやすくはありますがまだるっこしく、眺めのない笹のなかの道が延々と続きます。歩いている途中でふくらはぎに水滴が当たるのに気付き「?」と思っていましたが、ワタスゲの白い花が見事なヤビツ谷地でやっと水筒の蓋がはずれていたことに気付きました。このときは「水場が途中にあるからいいか」くらいにしか思ってはいなかったのですが……。

地獄峠という名前とは裏腹に明るい穏やかな峠を越えて、今日の野営地に到着。ちょうど学生四人パーティーが撤収を終え、背後の駒ヶ峰に登ろうとしているところでした。ここにザックを置き、例によってデイパックで櫛ヶ峰を目指しました。

時折通り雨に降られながら湿原の中の木道を歩き、さらに笹の斜面を進んで南八甲田の最高峰・櫛ヶ峰に到着。遠くの景色は見ることができなかったものの、眼下に櫛ヶ峰の傾斜湿原が広がり、さらにはるか下の方には歩いてきた木道が細く伸びて、はるばる来たと気持ちを高ぶらせました。

野営地に戻り、テントを張って食事の支度を始めたところで、先ほど漏れていた水筒の水がマッチを濡らしていたことに気付きました。慌てましたが何度トライしても駄目。幸いなことに近くにもう一組幕営していたため、ライターを分けていただきことなきを得ました。彼らがいなかったらどうなっていたことか……。

1996/08/15

■06:05 旧道幕営地 ■07:10 黄瀬沼南端 ■08:15-50 旧道幕営地 ■10:20 ヤビツ谷地 ■11:20 猿倉温泉

朝食をとり、デイパックで黄瀬沼へ下りました。辿り着いた沼はガスに包まれて神秘的な気配を漂わせており、周囲を囲む木道の左右はきれいな湿原になっています。八甲田は、北の湿原や山々がよく歩かれていますが、本当の魅力は櫛ヶ峰や黄瀬沼のようにひっそりと人知れずたたずむ原始境のような雰囲気をもつ南八甲田にこそあるのではないかと思います。この黄瀬沼も、眺めには恵まれなかったのですが、だからこそかえって幽玄な雰囲気が好ましく、ここを訪れたことを一生の思い出にできそうです。

昨日ライターを分けてくれた二人組が乗鞍岳へ取り付くのを見送って、来た道を引き返し、テントを畳んで帰路につきました。しかし、露に濡れた笹のために衣服はすぐにびしょ濡れになり、加えて台風の影響で雨が降り始めました。

びしょ濡れになりながらやっとの思いで下山。バスの時刻を確認して温泉に入りました。この後青森に泊まってから翌日を移動日として引き続き山形へ転戦するつもりでしたが、いったん帰京して心身の態勢を立て直し、あらためて山形新幹線で山形入りすることにしました。