唐松岳

概要:八方尾根から唐松山荘泊で残雪の唐松岳往復。

日程:1996/05/04-05

山頂:唐松岳2,696m

分類:北アルプス

同行:Fさん

八方尾根。前方に不帰ノ険が見える。(1996/05/04撮影)
唐松岳山頂。背景は五竜岳。(1996/05/04撮影)

1996/05/04

■08:10 八方池山荘 ■10:50-11:00 丸山 ■12:05 稜線 ■12:10-50 唐松山荘 ■13:15-35 唐松岳 ■13:50 唐松山荘

リフトを利用して到達した八方池山荘から下はスキーヤーの世界、上は登山者の世界。晴れてはいないものの天候は安定しており、登山日和といえます。登るほどに懐かしい五竜や鹿島槍ヶ岳が見えてきます。無風、上空にひばりがホバリング。上の樺にかかるところでアイゼンを装着。そして途中で、雷鳥が登山者の前後を飛び回るのに遭遇!うかつにも、雷鳥が空を飛ぶとはこのときまで知りませんでした。

後立山の主稜線に上がるところのちょっといやなトラバースを抜けると、目の前に唐突に剱岳と立山が聳えているのが目に入りました。

いったん眼下の唐松山荘に荷を置き、カップラーメンで腹ごしらえをしてから、唐松岳へ向かいました。

唐松岳山頂では、3年前の夏に縦走したときは雨にたたられて何も見えなかったのですが、この日は360度の展望を得ることができました。日程に余裕があれば縦走したいところですが、今回はここがゴールです。20分ほどで山頂を後にしました。

1996/05/05

■07:40 唐松山荘 ■08:30 丸山 ■10:15 八方池山荘

夜の内に雪が30cmほど積もっていましたが、行動に支障はありません。昨日登ってきた道をゆっくり下りました。