由布岳

日程:1992/04/19

概要:正面登山口から登り東峰→西峰の順にお鉢巡りをして西登山口へ下山。

山頂:由布岳1,583m

分類:九州

同行:---

ハイライトシーン

西峰山頂。彼方には久住や祖母・傾が眺められた。(1992/04/19)
下山の途中から見上げる由布岳。麓は野焼きがされている。(1992/04/19)

1992/04/19

■08:15 由布登山口 ■08:45-50 合野越 ■09:45 マタエ ■09:55-10:05 東峰 ■10:50-11:10 由布岳(西峰) ■11:30-35 マタエ ■12:10 合野越 ■12:50 車道

博多出張を機に、かつて久住山の上から眺めた由布岳登山を思い立ちました。別府からバスで50分。由布登山口バス停から真正面に由布岳を見上げたら、野焼きの後の黒々とした草原を緩やかに登り、やがて樹林に入りました。合野越の背後には懐かしい九重山群が連なっており、その右端の端正な円錐峰に心魅かれましたが、後でそれは湧蓋山と知りました。

ここから草付の斜面を高度を稼ぎ、やがて岩場の急登を越えて火口跡の縁にあたるマタエに着きました。火口跡の窪みを眼下に見る鞍部に出ると冷たい風が吹きつけ始め、ここで今日初めて他の登山者を見かけました。マタエからほんの少しで登り着いた東峰からは、隣の鶴見岳や、その向こうの別府湾の眺めが良好です。ここからお鉢巡りにかかったのですが、マタエの対岸にあたる鞍部ではゴジラの背のような岩の乗越しもあり意外にスリリングでした。

由布岳(西峰)に着いたところで、暖かい日差しの中で九重山群やその左の祖母・傾山群を眺め、ハッサクを食べました。ここからマタエへの下りはかなりの急勾配、カニのヨコバイ風の鎖場もあり、なかなかスリリングです。

マタエに戻り着く頃になると、登山者が続々登ってくるようになってきました。自街隊の訓練登山も行われ、明るい賑やかな山へと変貌するさまを見届け、ウグイスが鳴く中を下山開始しました。合野越からは西登山口への道をとりましたが、途中で道を見失い、野焼きの後の草付の急斜面を強引に下ったため、ズポンを煤だらけにしてしまいました。結局予定よりもかなり東奇りの車道になんとか下り立ちました。

しばらく歩いて辿り着いた由布院の町から振り返ると、すっかり晴れ渡った空の下、湯の町の賑わいの上に、由布岳の双耳峰がスックと高く聳えていました。