伊吹山

日程:1991/07/07

概要:伊吹登山口から表登山道を往復。

山頂:伊吹山1,377m

分類:近畿

同行:---

ハイライトシーン

三合目から見た山頂方向。ここは冬山登山の絶好のゲレンデでもある。(1991/07/07撮影)

1991/07/07

■08:50 伊吹登山口 ■09:55 三合目 ■10:15-20 五合目 ■11:00-05 八合目 ■11:20-50 伊吹山 ■12:45 八合目 ■13:25 五合目 ■13:40 三合目 ■14:25 伊吹登山口

近江長岡駅から15分。バス停には、既に夜間登山の後下山してきた人たちが帰路に就いていました。ずんぐりと大きな伊吹山の山体をカメラに収めて車道を歩き、突き当たりの三之宮神社の横から登山道が始まりました。三合目から、台地状の緩やかな斜面が前方、五合目まで続き、その先に伊吹山が壁のように立ち上がっています。

久しぶりのシシウドを眺めながら八合目の休憩小屋に到着。ここまで喘ぎながらの登りにトレーニング不足を痛感しました。ここから稜線まで雲にすっぽり覆われていました。

濃霧で薄暗い山頂は登山者・観光客が賑やかに入り乱れ、売店も建ち並んで山の風情は望むべくもありません。その売店の一つでラーメンを食し、日本武尊像や一等三角点を確認した後、山頂台地上のお花畑を巡りましたが、アザミ、トラノオ、キスゲが所々に咲いている程度。シモツケソウのピンクを期待しましたが少し早かった様子です。探勝路を時計と反対方向に回り元来た道に出て、そのまま下山を開始しました。