塾長の山行記録

霧ヶ峰〜美ヶ原

概要:夏の北海道行きをにらんで、新調の80リットルザックとテントのテストを兼ね、霧ヶ峰から美ヶ原まで縦走。

日程:1989/05/27-28

山頂:霧ヶ峰(車山)1,925m / 美ヶ原(王ガ頭)2,034m

分類:八ヶ岳

同行:---

車山から美ヶ原方面。広闊な風景がこの山域の特徴。(1989/05/27撮影)
茶臼山から王ガ頭を眺める。この右手におそろしく広くて平らな台地が広がっている。(1989/05/28撮影)

1989/05/27

■10:30 西白樺湖 ■11:50-12:00 車山 ■12:30 蝶々深山 ■13:05 鎌ヶ池 ■13:55-14:05 鷲ヶ峰 ■15:00-05 和田峠

さして高くはない車山の展望台からの意外な大観の中で、南北中央アルブス+天狗岳以南の八ヶ岳が雪を残して白く見えています。

高層湿原を歩き続け、いつしか尾根道に代わって鷲ヶ峰、和田峠と辿って、さらに旧中仙道の古峠に向けて登ります。

■16:45-50 三峰山 ■17:55 扉峠

三峰山は草原の山。このあたりでは荷の重さに負け、完全に歩荷訓練の様相を呈しました。タイムアウトで峠の駐車場の隅に幕営しましたが、深夜出入りする車の音と寒さとで熟睡できませんでした。

1989/05/28

■06:10 扉峠 ■07:35-45 茶臼山

朝一番の登りは、いきなりの笹薮漕ぎ。辿り着いた茶臼山の山頂からは、美ヶ原が一望。その展望の見事さに見惚れました。

■08:10 塩クレ場 ■08:25 美しの塔 ■08:50 王ガ頭 ■09:15-20 王ガ鼻 ■09:40 美ヶ原高原バス停

美ヶ原の領域に入っても、朝早いせいか王ガ頭まで3人にしか会わない静かな高原歩き。

TV塔が林立して面白くない最高点に比べ王ガ鼻の方が心地良い高度感を与えてくれましたが、いざ帰路につこうとしたところ、自転車レース「ツール・ド・美ヶ原」が行われているためバスのダイヤが大幅に狂っていました。タ方には出勤して資料を作らなければならないのに……。