くるみ割り人形(東京バレエ団)

2016/12/18

クリスマスと言えば「くるみ割り人形」。直近では2014年にABTの版を観ていますが、今回は東京バレエ団なので2009年に観たものと同じです。今回はABTのときと同じく、ダニール・シムキンが王子役を踊るというのが自分としては見どころでした。

いかにもクリスマスな飾付けが施された東京文化会館のホールには、これまたいかにもバレエを習っていそうな女の子とその母親の姿があちこちに見られ、どうやら満員御礼だったようです。

さて、上記の通り東京バレエ団によるプロダクションで、演出も2009年と同じくワイノーネン版なので、ここでこまごまと舞台進行を追う必要はないでしょう。以下、特に印象に残った場面だけを挙げていくことにします。

クラシックの全幕上演なので、ダニール・シムキンのダンスには「バレエの王子さま」で見られたような奔放なテクニックの露出はありませんでしたが、王子としてのノーブルさ、どこまでも安定した跳躍と回転など、完成されたダンサーとしての貫禄が感じられた舞台でした。クララをリフトから下ろすところで十分に下ろしきれずに沖香菜子さんの足がばたつく場面があったのは気になりましたが、一方の沖香菜子さんは第一幕での少女の可憐さと第二幕での成熟した女性の魅力とを見事に演じ分けていましたし、上述のとおりディヴェルティスマンも楽しいものでした。そして東京シティ・フィルハーモニック管絃楽団の演奏は、チャイコフスキーの名曲たちを舞台上のダンサーの動きと調和させることに成功していたと思います。

……というわけで、今年最後のバレエ鑑賞はなかなかに満足度の高いものでした。

キャスト

クララ 沖香菜子
くるみ割り王子 ダニール・シムキン(アメリカン・バレエ・シアター)
クララの父 永田雄大
クララの母 奈良春夏
兄フリッツ 岸本夏未
くるみ割り人形 高橋慈生
ドロッセルマイヤー 木村和夫
ピエロ 河上知輝
コロンビーヌ 中島理子
ムーア人 吉田蓮
ねずみの王様 森川茉央
スペイン 二瓶加奈子 - 岸本秀雄
アラビア 政本絵美 - ブラウリオ・アルバレス
中国 岸本夏未 - 高橋慈生
ロシア 伝田陽美 - 入戸野伊織
フランス 中川美雪 - 足立真里亜 - 山本達史
花のワルツ 吉川留衣 / 小川ふみ / 加藤くるみ / 崔美実 - 森川茉央 / 杉山優一 / 松野乃知 / 永田雄大
指揮 井田勝大
演奏 東京シティ・フィルハーモニック管絃楽団