イジー・バルタの世界

2001/03/23,24

中野武蔵野ホールでの21時20分からのレイト・ショーで「イジー・バルタの世界」を観ました。

人形アニメーションは私の好きなジャンルのひとつで、日本が誇る川本喜八郎やイギリスのクエイ兄弟は以前レポートしたことがありますが、今回はトルンカを筆頭にパペットアニメの王国とも言うべきチェコの作家イジー・バルタのビデオ発売に合わせた全作品上映会です。23日までのAプロでは「ディスクジョッキー / 緑の森のバラード / 笛吹き男」、24日からのBプロでは「謎かけと飴玉 / プロジェクト / 手袋の失われた世界 / 最後の盗み / 見捨てられたクラブ / ゴーレム・パイロット版 / セルフポートレート」が上映されました。

この2日間のプログラムの中では、やはり「笛吹き男」が群を抜いていました。「ハーメルンの笛吹き男」を題材にして、物欲に支配された市民の滅びを退廃的な色合いの木彫り人形で表現した53分の長篇で、一部にネズミの実写を巧みに織り込みつつ恐ろしくシュールな異空間をつくり出しています。特に、裏切られた男がたいまつを手に持って報復のために塔に登る場面での炎と光の表現には、なんとも言えず圧倒されました。また、「見捨てられたクラブ」でのマネキンたちの乾いて世紀末的な動きや、見なれた建物や路地が土に変わってうごめき流されていく「ゴーレム・パイロット版」でのクレイ(粘土)アニメの技法の緻密さも素晴らしいものでした。

以下の解説はチラシから引用。