世界四大文明 エジプト文明展

2000/09/23

東京国立博物館で開催されている「エジプト文明展」へ行ってきました。この日京都へ行くというのにわざわざ上野へ出向いたのは、「エジプト文明展」だけ会期が短くあと1週間しか余裕がないからでした。高校時代はずいぶん興味をもってエジプト文明やメソポタミア文明について勉強したことを思い出しながら会場に着くと長蛇の列。入館まで40分待ちとの立て札にげっそりとなりますが、実際はその半分くらいで中に入ることができました。荷物をロッカーに預けて二階へ。

展示品はパレットや像、レリーフなどの他、エジプトならではのカノボス壺(ミイラを作るときにとりだした内臓を収める壺)といった出土物が、古王国時代から中王国時代、新王国時代、末期王朝時代と年代順に並べられ、最後のコーナーだけ黄金製品が集められているという構成で、エジプト古代史にある程度の予備知識があれば非常にわかりやすいつくりです。また、例えば古王国時代の座像などは、今から4500年も前にこれだけ緻密な身体表現が可能となっていたことに圧倒されます。

ただ一部の例外を除けば、展示品は全体に思ったより小ぶりで、それこそ芋の子を洗うような混雑の会場ではとてもゆっくり鑑賞する気になれません。それにエジプト文明の栄華を最もよく示すのはやはりピラミッドや各種神殿に代表される巨大建築物であり、それらはもちろん博物館のサイズにおさまるようなものではないのです。結局、時間がなかったこともあり、ざっと駆け足で見て回っただけに終わりましたが、エジプトを再訪したいという気には十分させられる展覧会でした。

  • メンカウラー王のトリアド。古王国第4王朝時代(2610-2490B.C.)。緻密な身体表現は驚異。
  • アクエンアテン王の立像の上部。新王国第18王朝時代(1565-1310B.C.)。高さが2m程ある巨大なもの。
  • プスセンネス1世の黄金のマスク。第3中間期第21王朝時代(1070-945B.C.)。うしろからマスクの内側を見ることができます。
神官アメン・エム・ペルムトの彩色木棺と内蓋。第3中間期第21王朝時代(1070-945B.C.)。彩色が鮮やか。