ビセンテ・アミーゴ

2000/05/28

フラメンコギタリスト、ビセンテ・アミーゴを聴きにBunkamuraオーチャード・ホールへ。

去年見に行ったスペイン国立バレエ団の演目「ポエタ」が踊りも曲もとても良かったので、作曲者でギタリストのビセンテ・アミーゴのCDを買って愛聴していたところ、今回の来日の情報をキャッチ。すかさず予約をとったものです。1967年生まれの彼は早くから「フラメンコ・ギターの貴公子」「パコ・デ・ルシア以来の才能」と高く評価されており、一足先に大阪での公演を聴きに行った友人からも「ホントにめっちゃサイコーによいステージ!」とのレポートが入っていたので期待に胸をふくらませていましたが、当日会場で配られたプログラム(右写真)は「フラメンコ界が待ち望んだ美貌のギタリスト」とミーハーな扱い。なんだかなぁ、と思いながらロビーを進みCDの販売コーナーへ行くと、ここでCDを買うと公演終了後にビセンテ・アミーゴのサインがもらえるとのこと。迷わずベスト盤『ESENCIA』を買ってしまいました。

席は二階の右側、前から6番目でステージの上が良く見えます。定刻直前まで空席が目立って心配でしたが、5分程押して開演の鐘の音が鳴る頃には一・二階席はほぼ満員になって安堵しました。暗くなって舞台中央の椅子にスポットライトが当たり、ギターをかかえてゆっくりと出てくるビセンテ。椅子に座る前に軽く会釈すると大きな拍手が湧きましたが、すぐに静寂が戻ってギターのソロ曲が始まりました。フラメンコ・ギターの奏法にはあまりなじみがありませんが、自由自在にギターを扱っているのはすぐにわかります。もの凄い速弾きからゆったりうたうフレーズまで、音の強弱や硬軟が好きなように弾きわけられ、しかもひとつひとつの音の粒だちが極めてクリアです。割れるような拍手を受けながら2曲目に入るところでビセンテが英語で「私は日本語が話せないし、英語も同様です」と断ってからスペイン語で何やら解説を始めましたが、会場のあちこちで彼のスペイン語に反応しているのはフラメンコをなりわいにしている人達も少なからずいるからでしょうか。ここから、カンテ(ホセ・パーラ)、パーカッション(パトリシオ・カマラ)、ギター兼フルート(ホセ・マヌエル・イエロ)のバンドが参加。特にパーカッションはカホンのほかにシンバル2枚と薄いスネア系(?)を手やブラシで叩いてビセンテとの息もぴったりでした。「ポエタ」からは「愛、甘き死よ」が演奏されましたが、初めて聴くその他の曲もいずれもすてきでした。そして、中間の恐らくインプロヴィゼーションのパートで、4月にアントニオ・カナーレスの公演で見た美青年ポル・バケーロが出てきました。隣の席に座っているその筋の方々とおぼしき客たちが「あれ、誰?」「さぁ?」と顔を見合わせていましたが、ビセンテのギターをバックにドカドカくるくる踊ってみせると「おー凄いなー」と声に出して驚き、「オレー!」と拍手を送っていました。

一応プログラムには以下の曲目が書いてあるのですが、どうやら曲順は変更されている様子。

  1. 月の小径 - ティオ・アランゴ
  2. 白と黒
  3. メッセージ
  4. 魂の窓
  5. リモン・デ・ナタ
  6. 愛、甘き死よ
  7. インプロヴィゼーション アレグリアス〜ルンバ〜ブレリア
  8. ケリド・メセニー
  9. シリアの王国
  10. ビベンシアス・イマヒダナス

本編が終わって全員が挨拶し、舞台袖に引っ込むと会場は大手拍子。ビセンテが再び舞台に登場すると大歓声が湧くところはほとんどロック・コンサートのノリのようです。アンコールを1曲演奏して90分のステージが終了すると花束を抱えた女性が二人舞台下に歩み寄って花を差し出し、ビセンテから両頬にキスを受けて喜んでいました。

お待ちかねのサイン会にずらっと列を作ったのは概算250人程ですが、自分は首尾よく前から50番目くらいに並ぶことができました。待つこと20分程で拍手の中ビセンテが現れ、次々にCDにサインをしてくれます。近づいてみると先程までの舞台上での厳しい面持ちとはうってかわってにこやかな表情をしており、私にも「ハロー」と声を掛けてくれ、差し出したCDにサインしてから握手をしてくれました。ここで本当は「グラシアス」とか言うところなんでしょうけど、自分はスペイン語を学んだことがないので「ありがとうございます」と日本語できっぱりお礼。アジア系なら「謝謝」でも「コックン・クラッ」でも「テリマカシ」でも平気で言えるのですけど……。