John Wetton

1999/08/05

中野サンプラザでJohn Wettonのライブ。この公演は本来Asiaのリユニオン・コンサートとしてアナウンスされていましたが、マネージメントの勇み足があったらしくGeoff Downesがいち早く離脱を表明、結局John Wettonのソロに差し替わったものです。この情報はチケット発売後かなり早い段階でインターネット上の掲示板でつかめていましたが、自分としてはJohn WettonのヴォーカルでAsiaのナンバーを聴ければ満足なのでさほどがっかりしませんでした。招聘元のザック・コーポレーションは、直接申し込んだ客にははがきで通知するとともに、朝日新聞にも小さいながら広告を掲載して広報に努めていましたが、当日会場に着くまでAsiaのライブと信じていた人もけっこういたのではないかと思います。

定刻を10分強過ぎて18時43分に、ソロ『Arkangel』の「The Circle of St. Giles」がテープで流れて照明が落ち、舞台向かって左手から出てきたJohnの姿にびっくり仰天。前回の来日時にも相当太っていましたが、ますます膨張してほとんどKansasのフォワード三人衆とかわらないビア樽体型です。その体型が災いしたのか、イントロダクションのテープが終わって間もなく「The Last Thing on My Mind」に入ろうとしているのになかなかベースを肩にかけることができずはらはらさせましたが、かろうじて間に合って演奏開始。声の方はよく出ており、ときどき不自然にひっくりかえるところもあるものの、高音も伸びがあって調子がよさそうでした。メンバーはステージ下手にギターのDavid Kilminster、後ろがドラムのSteve Christey、上手がキーボードのMartin Orford。Davidの技巧は前回のライブで知っていましたが、キーボードとドラムも文句ないうまさで、特にSteveのドラムは骨太なサウンドながら要所で細かい技の効いたフィルを織り交ぜていました。面白かったのが「Rendezvous 6:02」のイントロでのドラムのフレーズで、一瞬Steve Guddのフレーズが有名な「50 Ways to Leave Your Lover」かと思いました。さらに特筆できるのはDavidとMartinのコーラスで、「Sole Survivor」では三声のコーラスから曲に入るなど随所で完璧なハーモニーを聴かせてくれました。

もっとも多くの聴衆はソロ作品にはなじみがないのか、またアコースティック・パート(セットリスト4.〜9.)の長さに不満だったのか、前半は盛り上がりに欠けどうにもノリがよくありません。加えて「Hold Me Now」では機材トラブルでDavidが舞台袖に引っ込んでしまい、スタッフが三人がかりでアンプの修理に苦闘するなどはらはらさせられました(このため急遽曲順を変えた可能性あり)。しかし、20年前にここ(中野サンプラザ)でこう言ったんだ。キミタチサイコダヨとお約束のMCでウケをとった後、U.K.の「In the Dead of Night」の7拍子のリズムでやっと聴衆側もエンジンがかかり始め、アンコール前の「Starless」でようやくテンションが上がりきった様子。アンコール一回目の「Heat of the Moment」、二回目=ラストの「Don't Cry」では一階席が総立ちになり、大合唱で盛り上がりました。

ミュージシャン

John Wetton Vocals / Bass / Guitar
David Kilminster Guitar / Vocals
Martin Orford Keyboards / Vocals
Steve Christey Drums

セットリスト

  1. The Circle of St. Giles - The Last Thing on My Mind
  2. Sole Survivor
  3. Battle Lines
  4. Book of Saturday
  5. Keyboard Solo
  6. Emma
  7. The Smile Has Left Your Eyes
  8. Hold Me Now
  9. The Night Watch
  10. Only Time Will Tell
  11. In the Dead of Night
  12. Easy Money
  13. After All
  14. Rendezvous 6.02
  15. Time Again
  16. Starless
    -
  17. Heat of the Moment
    -
  18. Don't Cry