私=juqchoの芸術鑑賞の記録集。舞台も絵も和風好き、でもなぜか音楽はプログレ。

シルヴィ・ギエム・オン・ステージ

1997/10/03

「シルヴィ・ギエム・オン・ステージ」(共演:チャイコフスキー記念東京バレエ団)を、五反田簡易保険ホール(ゆうぽうと)で観ました。開演18時半、終演21時20分。演目は以下の通りです。

演目 ダンサー 振付
「バレエ・インペリアル」 東京バレエ団 ジョージ・バランシン
「シシィ」 シルヴィ・ギエム / オリヴィエ・シャヌ他 モーリス・ベジャール
「シンフォニー・イン・D」 東京バレエ団 イリ・キリアン
「ボレロ」 シルヴィ・ギエム / 東京バレエ団 モーリス・ベジャール

バレエ・インペリアル / シンフォニー・イン・D

東京バレエ団に関して言うと、最初の「バレエ・インペリアル」は、同行した元バレリーナのIさんが「発表会並み」と酷評してしまいました。古典バレエの基本をおさらいするような構成ですが、振付もダンスも良くない、とのこと。そこまで?とは思うものの、コール・ド・バレエが思いきりこけていたのは事実です。かたや「シンフォニー・イン・D」の方は、コミカルな振付を溌溂と踊って会場の笑いを誘い、楽しめました。

さてシルヴィ・ギエム。第8回世界バレエフェスティバルでは今一つピンとこなかったのですが、今日はその存在感で会場を圧倒しました。完璧な美貌と技巧、豊かな演技力。その有無を言わさぬカリスマ性は、好き嫌いの違いを超えて圧倒的です。1965年生まれの彼女は、恐らく今が最も旬の時期なのではないでしょうか。

シシィ

オーストリア・ハプスブルグ帝国の皇妃エリザベートの狂気と死を題材とし、シルヴィ・ギエム自身の台詞などもある複雑な演劇仕立てのバレエ。幕が開いて舞台の中央にギエムの姿が照らし出されると、それだけで会場が興奮に包まれます。さらに、ベジャールの独特の振付が彼女の切れの良い動きにより強烈なメッセージとなってなおも観衆を魅きつけていくさまを目の当たりにして、陶然。

ボレロ

ジョルジュ・ドンのカリスマ的なダンスによって広く知られるようになったベジャールの代表作のひとつですが、赤い円卓上の「メロディ」を女性が、周囲を取り囲む「リズム」を男性が踊る組み合わせは、この作品のオリジナルの姿でもあります。振付も、ジョルジュ・ドンのものとは微妙に異なっており、より挑発的なものとなっていました(例えば、胸の前に両腕で浅いV字を作る有名なポーズの代わりに、開脚で腹這いになり顎の下に手を組む、など)。終演後、スタンディングオベーションでの拍手は、会場内が明るくなっても鳴りやみませんでした。

ちなみに、シルヴィ・ギエムと東京バレエ団の組み合わせは、1993年4月に『ベジャール・ガラ』として当時住んでいた京都市の京都会館大ホールでも観ており、そのときのギエムは、ベジャールの新作「エピソード」と、同じくベジャール振付の「春の祭典」を踊っています。当時の彼女はどちらかといえば技巧がかったクールな印象が強かったのですが、今回のステージでは堂々たるゆとりや貫禄のようなものが感じられました。