Rushライブ

2007/09/22 (2)

あらかじめ腹ごしらえをしておいてから、18時15分にホテルのロビーに集合。皆、これからのライブに期待と緊張の面持ちです。現地ガイドO氏の引率で、ホテルから徒歩数分のAir Canada Centreへ移動しました。

Air Canada Centreはアイスホッケーやバスケットボールにも使われる多目的ホールで、トロントのUnion Stationのすぐ南にあります。建物の中に入って身体のでかいカナダ人たちが盛り上がっている中で開場を待っていると、早くもプログラム売りのおじさんが登場し、バナナの叩き売りのように威勢良くプログラムを売り始めました。1冊CA$20のそのプログラムを2冊ゲットし、19時の開場とともにGate1からぞろぞろと場内に入って脇目もふらずに向かったのはもちろんグッズ売場で、ここで30分あまりも列に並ばされましたが、無事に黒と白のツアーTシャツ(各CA$30)を獲得。そこから通路をぐるりと回ってホール内に入り、係員に誘導してもらって自分の席につきました。セクション108の5列目24番というこの席、ステージ下手(ギターのAlex Lifesonの側)へ45度の角度でかなり近く、ステージをわずかに見下ろす高さでアリーナよりむしろ観やすい場所です。さすが近ツリ、ほぼベストポジションと言っていいでしょう(と、他のツアー参加者も異口同音に席のよさを喜んでいました)。ステージ上では、アンプやドラムセットに黒いシートがかけられており、照明スタッフが鎖梯子をするすると登っていくところ。彼らはステージ左右のはるか頭上に吊り下げられている照明セット上のシートに陣取りましたが、その照明セット全体がゆらゆら揺れていてけっこう怖そうです。この時点でのBGMは、なぜかYesの「Roundabout」。そして定刻の20時を5分回ったところで場内が暗くなり、大歓声の中、ステージ後方のスクリーンに映像が映し出され始めました。最初は矢や蛇といった『Snakes And Arrows』をモチーフとするCGが次々に展開し、次の瞬間、うなされて目を覚ますAlexの姿。うーん、ひどい夢を見た、といった風情でぼやいていると、彼の横に起き上がってきたのは奥さんではなくて何故かドラマーのNeil Peart、二人はお互いに気がついて思わず共に「うわー!」と大声を上げます。そして遠くから聞こえてきた赤ん坊の声に怯えた二人が見やる廊下の奥にホラー映画のノリでカメラが移動し、今度は何が出てくるんだ?と我々も固唾をのんでいると、新譜のオープニングナンバー「Far Cry」のイメージである雷鳴とおどろおどろしげなベビーカー。そしてまたしても悪夢から目覚めたのは、今度はベース・ヴォーカル・キーボードのGeddy Lee。そのGeddyに、民族衣裳のようなものを着たもう一人のGeddyがドアを開けてステージへと誘ったところで、「Limelight」のイントロのギターリフが始まりました。

Limelight
言わずと知れた、『Moving Pictures』(1981年)の名曲のひとつ。ヴォーカルラインは高音を抑えたものにアレンジされていますが、特徴的なギターリフだけでもう観客大興奮。ギターソロになると人工衛星のような照明セットが上から降りてきてさらに盛り上がります。
Alexは上下黒のすっきりした衣裳で決め、Neilは黒地にスネークサークル模様のTシャツ、Geddyはブルー地で両肩に白い線が入ったオンタリオTシャツです。遠目でよくわかりませんが、Alexの足元にはたくさんのバービー人形が立っていて、Alexに向かってそれぞれに何かのカードを掲げている模様。また後方のギターアンプの上にも恐竜などの各種フィギュアがところ狭しと並べられているようです。一方のGeddyもドラムセットの向かって右側の並び、普通ならベースアンプが置かれるべき場所にヘンな機材を置くのが趣味(?)で、これまでのツアーでのそれは冷蔵庫だったりコインランドリーの洗濯機だったり自動販売機だったりしてきたのですが、今回はオレンジ色の光を放つ業務用チキンロースター3台。中ではもちろんチキンがあぶられながらゆっくり回っています。
Digital Man
『Signals』(1982年)からの意外な選曲。6/8のリズムの上でベースが忙しく動き回るイントロが楽しい曲ですが、会場の音響特性のせいかもしれませんが、バスドラとベースの音の分離が悪いみたい。ベースアンプの代わりにチキンロースターなんか置くからか?逆に、シンバル類やタムはきれいに鳴っています。
Entre Nous
『Permanent Waves』(1980年)から、これも恐らくライブではこのツアーで初めて演奏される曲。ポルタメントがかかったモノシンセ音は、Moog Little Phatty。その下にあるキーボードは、ボタン配置や側面の特徴からみて恐らくRoland Fantom-X。
この曲が終わったところでGeddyがこの日最初のMC「Thank you and hellow!」。自分たちのホームタウンであるトロントで演奏できて嬉しい、みたいなスピーチに続いて、『Hold Your Fire』(1987年)から「Mission」。
Mission
Geddyが楽曲中でシンセサイザーを最も多用した時期のこの曲も、インテンポになればしっかりロック。そして、Geddyのヴォーカルがひときわ朗々と響き渡ります。
Freewill
……といってもやはりファンのお目当てはこの、『Permanent Waves』収録の名曲中の名曲。ハイハットの4カウントからギターのイントロが始まると会場は怒号のような歓声に包まれ、中間部のインストパートではGeddyのJazz Bassもバキバキと存在感のある音を出して客席を煽ってきます。
click
The Main Monkey Business
MCで新譜からの曲を演奏することがアナウンスされて、スタンドに固定されたアコースティック12弦ギターがAlexの前に設置され、インスト曲の「The Main Monkey Business」。ここで何故かコックの姿をした男がステージ上に登場し、チキンロースターの扉を開けてチキンに油を塗っている模様(客席大ウケ)。そんなことにおかまいなしに演奏は進み、前半のスペイシーなパートから中間のぐんぐんドライブする場面に移ると、楽曲がもの凄いパワーで客席に迫ってきます。続くギターソロのバックで2拍4拍で叩かれているのはNeilの左手後ろのピッコロスネア。これはちょっと珍しいかも。ピッコロスネアは『Roll The Bones』ツアーから組み込まれたもので、『Test For Echo』の「Virtuallity」や続く『Vapor Trails』のタイトル曲でその音が聴けますが、リリースされているライブ映像では『Rush In Rio』でのドラムソロと「Red Sector A」でおまけ的に使われているだけでほとんど出番のないアイテムだったものです。
The Larger Bowl
引き続き『Snakes And Arrows』からの、アコースティックギターを活かした曲。途中からディストーションギターの演奏になりますが、ハードでありながら優しく、ちょっと厭世的な歌詞を歌うGeddyとAlexのコーラスとギターソロが切ない感じで、胸を締め付けられます。
Secret Touch
前作『Vapor Trails』(2002年)から、NeilのリムショットとGeddyのコード弾きの上にAlexが低音部でのリフを重ねるイントロで始まるこの曲。一転してハードな演奏に移るとカクテルカラーの照明が乱舞し、中間のディストーションパートではストロボライトも点滅します。レギュラーグリップで気持ち良さそうにスネアを叩いていたNeilでしたが、曲の最後の音を出し終えた直後にどういうわけかGeddyがNeilを睨みつけ、はっ、しまった!と手を口にあてたNeilにGeddyが迫るコミカルな演技がスクリーンに大写しされておしまい。
Circumstances
Geddyが赤いJazz Bassにスイッチ。このベースは1音下げ(ex.4弦がE→D)にチューニングされているものなのでレガシーな(つまりGeddyのヴォーカルが原曲の高音に耐えられない)曲を演奏するのだろうと思ったら、これもレアもの、『Hemispheres』(1978年)から「Circumstances」。これはかっこいい!ギターのコード弾きの上で自由に動き回る高速ベースが一見難しそうなのですが、自分で弾いてみるとわかりますがフレージングが合理的で運指に無理がなく、実に気分良く弾ける曲です。ただし、Geddyのようにこのベースの上でヴォーカルもとるとなると話は別で、これはもう無意識に指が動くくらいに弾きこまないとダメ。そして途中フランス語の歌詞が出てくる前後にヴォーカルの最高音があって、1音下げとはいえGeddyもここはきつそうでしたが、ヴォーカルライン自体もかなり動き回るこの曲を見事に弾き、かつ歌いこなしてみせたGeddyに拍手が集まりました。
Between The Wheels
『Grace Under Pressure』(1984年)ラストの曲。これは私のフェイバリットソングで、シンセのコード4拍の上に緊迫感溢れるギターやヴォーカルが乗り、中間部のギターソロはAlexの数あるソロの中でも最も美しいもののひとつです。ブルーを基調とした歯車のアニメーションや変幻自在のライティングも素晴らしく、この曲を生で聴けただけで、トロントまでやってきた甲斐があったというものです。
Dreamline
前半の最後は、『Roll The Bones』(1991年)のスリリングなオープニングナンバー。イントロのギターリフに合わせてグリーンのレーザー光が踊り、AlexのイエローサンバーストのLesPaulが悲鳴を上げます。

ここで休憩。時刻は21:10。ステージ上では、Alexの足元にいる人形の一体がGeddyサイドへ異動。手洗いに立つ客も多かったのですが、私はそのまま席に座って前半のパフォーマンスの余韻にぼんやり浸っていました。

21:30、場内は明るいままに中央のスクリーンにもやもやと動くパターンが浮かび始めました。そして5分後には出入口を示す非常灯が消え、BGMのLed Zeppelin 「Babe I'm Gonna Leave You」がフェイドインしてきた地響きのようなノイズにかき消されて、いよいよ完全に暗転。(恐らく)ボードゲーム「Snakes and Ladders」の黒地の升目に矢が突き刺さるたびに升目が開いて登場する、梯子を登る男、踊る男、回る首、白い作業着の男、そして……。

Far Cry
ストロボライトの激しい明滅とともに、新譜のオープニングナンバーで後半開始。AlexとNeilは前半と同じ格好ですが、Geddyは王冠ドクロの柄のTシャツを長袖の上に着込んでいます。ベビーカーが世界中を巡る映像をバックに演奏が続き、一瞬のブレイクからクレッシェンドするところで花火が客席に向かって斜め上方にどかんと吹き上がりました。ここから5曲連続、新譜『Snakes And Arrows』からの曲となります。
Workin' Them Angels
Alexの横にスタンドに固定されたマンドラが出てきて、ゆったりとした3拍子と4拍子を実にスムーズに行き来するこの曲の中間部で中音域での華麗な響きを奏でます。
Armor And Sword
派手なドラムパターンから入るこの曲、左右のフロアタムを織り込んだジャングルビートが視覚的にも面白いですが、ふと気づくとスクリーンにはあり得ない構図の映像。ベースを弾くGeddyの右手が上方から映し出されており、ツーフィンガーで弾く彼の親指がE弦とD弦とを忙しく往復する様子が見てとれます。これは斬新!
Spindrift
コミュニケーションの不安を歌う、目眩のするような怪し気な雰囲気のこの曲、ライティングも赤い光に緑のレーザー。終わりの方のブレイク部分で、Geddyがくるくる回りながら飛び跳ねました。
The Way The Wind Blows
「もう1曲、『S&A』から」とMCが入り、タムとスネアのパターンが重なって彼らには珍しいブルージーな泣きのギター。この曲も3拍子ですが、アリーナ最前列の聴衆の一団が指揮者のように腕をウェイブさせていました。
Subdivisions
正直さすがに新譜から連続5曲は(歌詞の重さもあって)カナダのファンにもきつかったらしく、我々の席の周囲でも多くの客が座って聴いていたのですが、『Signals』からのこの曲で息を吹き返し(?)総立ちに。Geddyの流麗なシンセソロに、客席からも凄いリアクション。
Natural Science
『Permanent Waves』収録の大曲。これは難しい曲です。最初はアコースティックなコードストローク(ただしステージ上のAlexはエレクトリックギター)に乗って抒情的なヴォーカルが深遠な内容の歌詞を歌いますが、セカンドパートに入ると3つの楽器が全速力で走り出し、特にベースは薬指と小指の拷問のようなフィンガリングを強いられます。と言ってももちろん、3人の鉄壁の演奏はまったく揺るぎがなく、そしてサードパートに入る直前に出た!Geddyの有名なケンケン跳び。そして最後はAlexとGeddyがステージ前面に並んで動きを合わせながらギターとベースのネックを上下させ、さらに最終フレーズの高速タム回しが真上からのショットでスクリーンに映し出されると、聴衆の興奮は最高潮に達しました。
Witch Hunt
『Moving Pictures』からの、キーボード主体の曲。名前通りの怪し気な曲調を強調するように、パイロの炎が上がってこちらまで熱気が伝わってきました。
Malignant Narcissism
サンバーストのベースに持ち替えられたので「?」と思っていたら、Geddyが凄いベースフレーズをがんがん弾き出したのが、「The Main Monkey Business」と並ぶ新譜からのインスト曲。どう表現したらいいのか難しいのですが、John Paul Jonesの『Zooma』で聴ける多弦ベースのような、トレブリーでボトムもしっかりした激しい音です。この曲のレコーディング時の経緯からすると、使用されたのはJaco Pastoriusモデルなのですが、それでもGeddyが弾くとなぜ、Jacoもへったくれもなくこんなに刺激的な音になるのでしょう。
Drum Solo
「Mal Nar」から、そのままドラムソロへ突入。タムとスネアの叩きまくりから、グリップを変えてスネアロール、新しいカウベルパターンを交えて見た目に楽しいクロススティッキング。ここで初めてドラムセットが半回転して後方のエレクトロニックキットに移り、エレクトロニックマリンバで牧歌的な「Momo's Dance Party」がひとしきり演奏された後、マリンバとエレドラを組み合わせたフレーズに移りました。『Rush In Rio』や『R30』のDVDでは、ここで『Prsto』(1989年)の「Scars」で聴けるフレーズがモチーフとなっていましたが、今回のソロは内容が一新され、摩訶不思議なスペイシーな曲に仕上げられていました。そしてセットが前方に戻ればもちろん、おなじみの一人ビッグバンド。ちなみに、この日のショウでドラム台が回転したのは、このソロタイムだけでした。
Hope
津波のような歓声の中、一人ステージに登場したAlexが12弦ギターで奏でる、アコースティックな響きを大切にした小品。
Distant Early Warning
『Grace Under Pressure』を代表する曲。歌詞の「Red Alert」に合わせて、彼らの頭上に浮かぶ衛星のような照明セットが赤い光を四方に放ちます。そしてスクリーンには、懐かしい「ミサイルに乗った少年」の映像が。
The Spirit Of Radio
エンディングに向けて繰り出される究極兵器の第一弾は、『Permanent Waves』からのこの曲。『Caress Of Steel』(1975年)、『2112』(1976年)、『A Farewell To Kings』(1977年)、『Hemispheres』と続いた大作主義に別れを告げた記念碑的な曲でもあります。当然、イントロのギターの高速リフが始まると「うおー!」といった怒号のような歓声がわき起り、歌に入れば大合唱(もちろん自分も)。しなやかなスティックさばきを見せるNeilの横を見ると、またしてもコック帽の男がチキンロースターを開けています。そればかりか、客席最前方にコック帽の集団が出現!いったいあれは何なんだ?
Tom Sawyer
アメリカのR指定アニメ「South Park」の4少年がバンドを組んでスクリーンに登場。キーボードのEricが好き勝手に「Tom Sawyer」を弾き歌っていますが、無茶苦茶な歌詞をKyleに咎められ、「それはトム・ソーヤじゃなくてハックルベリー・フィンだろ!」と突っ込まれます。気を取り直してEricがカウントし、本物のRushによる演奏開始。『Moving Pictures』を、そしてRushを代表するこの曲でいったんショウは終了し、バンドはバックステージへ引っ込みました。

日本ならここでアンコールを求める手拍子が起こるところですが、こちらカナダの聴衆はひたすらわーわー叫び声を上げているだけで、しかしその声の大きさが半端ではなく強烈な迫力です。

One Little Victory
ステージに戻ってきたAlexとGeddyが客席にプレゼントを投げ入れ、Neilがどかどかとドラムを叩き出して始まったアンコール1曲目は、『Vapor Trails』のオープニングナンバー。スクリーンには例のドラゴンが登場し、客席に向かって口から火を噴くとステージ上に豪勢に炎が上がるのもお約束。
A Passage To Bangkok
これまた意外な曲。『2112』のLPで言えばB面1曲目。ここでGeddyが肩に下げてきたのが、Rickenbackerベースです。今でこそFender Jazz BassがGeddyのトレードマークになっていますが、かつてはGeddyと言えばRickenbacker、Rickenbackerと言えばGeddy(とChris Squire、Paul McCartney)というぐらい密接不可分の関係にありました(その後、Steinberger→Wal→Fender)。レガシーなこの曲に似合うRickをチョイスしたGeddyのファンサービスに、ファンも大喜び。もちろんAlexも、ホワイトフィニッシュのES-335を弾いています。
YYZ
前の曲が終わった後そのままAlexとNeilがお遊びのようなフレーズを弾いている間にベースを替えたGeddyが戻ってきたところで、Neilがあのトライアングルフレーズを叩きだして、ショウの最後は、やはり『Moving Pictures』からのインスト曲。トロントにとっては、まさにご当地ソング(「YYZ」はトロント・ピアソン国際空港の認識コードであり、この曲のイントロのパターンはそのモールス符号)です。もちろん客席は総立ち、大揺れ。GeddyとAlexが左右入れ替わって客席を煽りながら、凄い演奏を繰り広げていきました。
click

終演後、Geddyが「See you sometime!」とアナウンスをしてステージを下りると、スクリーンにあの変装Geddyのエンディング映像が流れます。彼がドアの向こうに消え、ドア越しにバグパイプが聴こえてきて、これでようやくショウの全てが終わり。

休憩をはさんでぴったり3時間のショウは、終わってみればあっと言う間でした。まだまだ他にも聴きたい曲はたくさんありましたが、それでもこうしてセットリストを眺め直してみれば、これはこれで一分の隙もない構成だと感じられます。つまり、Rushの魅力的な楽曲群には、一晩のショウでは演奏しきれないほどのストックがあるということです。そして、そのときどきにおいて最高の技術を要すると評されたそれらの曲を、今でも余裕で弾きこなしてしまう彼らのミュージシャンとしての力量に、あらためて脱帽させられました。

トロントの聴衆は意外にもそれほど熱くなく、アリーナはともかく我々の周りでは座っている観客も多かった(後ろの席から「見えないから座れ」と言われる場面もありました)し、特に新譜の曲の途中では席を立ってしまう者もいたりしましたが、ここぞというときのバンドへの声援はやはりド迫力。Geddyも「Subdivisions」と「Natural Science」の間でハンディビデオを持ち出して客席を撮影してから、アントニオ猪木のように「1-2-3, *** !!」みたいなこともやっていました。そうしたステージと客席との一体感は、Geddyが言うところの「我が町」ならではのものだったかもしれません。

終演後は、三々五々ホテルに帰還。よかったー!と手放しで喜ぶ者もあれば、写真を撮ることに気をとられて演奏に集中できなかったことを悔やむ者もあり、会場で他の客に景気良くビールをかけられた者もいたりと人それぞれでしたが、どちらにしても3時間では短い、というのは共通の感想だったようです。