アルーシャ国立公園

2002/01/04

午前4時頃、プーンという蚊の羽音で目が覚めました。うっかり蚊帳を吊らずに寝ていたので、蚊取線香の新しい一巻を取り出し火をつけてから二度寝。しかし6時には枕許の室内灯がついたので、起き上がってコテージの前に出てみると、遠くにキリマンジャロの大きなシルエットが見えています。朝の光の中で空の色が青からオレンジへと移り変わるのが面白く、しばらく突っ立ったまま眺めていたら、別のコテージに泊まっていたT女史が外に出てきて前方の山に目をとめ、カメラを構えました。写真を撮り終えたT女史に「おはようございます」と声を掛けたところ、

T「おはようございます。あの山、なんていう山ですか?」
A「……キリマンジャロです」(わかってて撮ってたンとちゃうんか!)

T女史は顔を赤らめてしまいました。

あらためて周囲を眺めると、ロッジの背後にはメルー山の岩壁が横に広がっていて、これは裏から見た磐梯山のようでなかなか立派です。

しかし山の位置関係を確認しようとコンパスを見てみると、不思議なことに太陽が昇っている位置は真東よりもかなり南に寄っていました。今は夏なんだから太陽は北寄りの位置から出るのではないのか?と思いましたが、実はここは南半球なので、太陽は南ではなく北側を回るのです。後で早川TLに聞いた話ですが、南半球の山では「北壁」ではなく「南壁」が厳しい課題になるとのこと。嘘か本当かは知りませんが、洗面所で水を溜めて栓を抜くとできる渦巻きまでも北半球と南半球では逆向きになる(コリオリの力?)という話もあるくらいです。

さて、6時半から車に乗って公園内のサファリに出かけました。小型の鹿のディクディク、貫禄のあるヌー、立派な角のウォーターバックなどが顔を見せてくれましたが、何といってもここでの目玉は優雅に歩くキリンと数えきれない程のフラミンゴです。硫黄の匂いがするモメラ湖の周囲を回る道に入ると、湖のあちこちにフラミンゴの群れが羽を休めているのが見えました。あるものはピンクのかたまりとなり、あるものは隊列を作って歩き回り、そしてときには一斉に飛び立って我々を驚かせてくれて、実にサービス精神旺盛です。1時間程と短いサファリでしたが十分に満足し、最後は緩やかに首を絡め合う2頭のキリンを見ながらロッジに戻りました。

朝食の後、公園を出発し、いったんアルーシャ市街に出てノボテルで小休止。早川TLが現地のツアー会社との手続をしている間に、私はホテルのインターネット・サービスを利用して、自分のホームページの掲示板に登頂の第一報を書き込みました。その後はケニアを目指してひた走り、国境では突如配られた長い英文のアンケートに目を白黒させ(タンザニアでどこへ行ったかとか、いくら使ったか、といったことを訊ねていました)、出入国手続を終えてケニア側に入ると今度は怒濤の物売り攻勢に辟易しましたが、それも再び車が走り出すと静かになって、窓の外にはどこまでも広がるアフリカの大地。空もまた、どこまでも高い青です。

15時頃、ナイロビ郊外のレストランChez L'amiに入り、日本人女性スタッフの出迎えを受けてフランス料理風日本食という変わった昼食をとりました。御飯が久しぶりにおいしく、また嬉しいことにお雑煮がついていました。ここから20分程で空港に着き、チェックイン。18時35分に我々を乗せたエミレーツ航空の飛行機は滑走路を、そしてアフリカを離れ、一路ドバイを目指しました。