出発

2001/12/27

今回のツアー参加者は、総勢9名。このうち大阪在住のT女史は関空で合流することになっており、それ以外の8名とツアーリーダー(以下「TL」と略す)の早川敦氏の合計9名が羽田空港の待ち合わせ場所に集合したのは午前7時頃でした。アトラストレックの早川氏というと晃生氏という方が著名人なのだそうですが、敦氏も年齢は20代ながら8,000m峰2座のサミッターです。アトラストレック、恐るべし。

台高山脈を眼下に見て飛んだ飛行機は鳴門から右回りにぐるりと回って関空へ。ここで無事T女史と合流し、シンガポール航空の777に乗ってちょうどお昼に飛び立ちました。ここからシンガポールまでは、いつものバンコクまでの旅と大して変わりません。機内ではジャッキー・チェンとクリス・タッカー主演の『Rush Hour 2』を観ましたが、理屈抜きで実に面白い映画でした。ジョン・ローンも貫禄(というよりこの役柄ではもったいない?)でしたし、チャン・ツィイーが悪女役でも魅力的でした。そうこうしているうちに機はシンガポールに近づきましたが、機内アナウンスによると天候は「あいにくの雨」とのことで、着陸体勢に入ってから窓の外は真っ白になり、機体もぐらぐら揺れはじめました。ところが、かなり長いこと揺れてだんだん気分が悪くなってきた頃に、長いエンジン音を響かせて飛行機が上昇を始めてしまいました。直後に機内アナウンスがあり「着陸を試みたが悪天のため失敗。もう一度トライする」とのこと。うわー『失敗』?と動揺していると、ぐるっと回った飛行機は再びがたがたと揺れはじめ、とうとう乗客の中に嘔吐する者が出てきてしまいました。しかし今度も着陸失敗。「シンガポール空港には降りられないので、燃料を補給するためいったんクアラルンプール空港に向かう」とアナウンスされました。

18時50分クアラルンプール空港到着。シンガポールからドバイへの乗継便の出発時刻は0時10分だから時間にゆとりはあるはず……だったのですが、この機と同様にシンガポールに降りられずKLへ飛来した飛行機が他にも8機あり、給油待ちだけでもかなりの時間を要しました。22時40分にようやく離陸し、シンガポールのチャンギ国際空港に無事着陸したのは23時55分。空港の施設内に入り、早川TLが情報収集してきたところによると、なんと我々が乗継ぐはずのエミレーツ航空の飛行機はまだ来ていませんでした。メルボルンからシンガポールを経由してドバイに向かうはずの飛行機なのですが、こちらも嵐のためにシンガポールに辿り着くことができなかったようです。結局、翌早朝の飛行機を待って空港泊まりということになってしまいました。まさか、旅の初日からビバークすることになるとは……。

空港内のレストランで1,200円もとられながら焼そばと青島ビールの夜食をとった後、明日の便のゲート近くの椅子に思い思いに腰をおろして仮眠をとることになりました。しかし、さすがに山屋の集団なので、一同どんなに待遇が悪くてもキリマンジャロに登るためなら文句も言わず我慢するといった態度を示しています。寝る前に空港内のインターネット・カフェ(15分でUS$2。以下単に「ドル」と表記したときはUS$)で自分のホームページのBBSを覗いてみたところ「キリマンジャロがんばれ!」といった声援のスレッドが立っていて、このまま登山口にも着けなかったら日本に帰れない!と思いきりあせりました。