シャモニーへの旅 III

2016/06/23-07/04

一昨年昨年に引き続いて、今年も夏はシャモニーへ。昨年の相方である現場監督氏は7月から8月にかけて南米の山に登りに行くということなので、今年の相方は、冬にアイスクライミングで何度か一緒に登っているセキネくん。身長188cm、年齢30歳、クライミングへのモチベーションが素晴らしく高い若者です。海外登山は初めてということですので、言ってみればアルプス・クライミングを私が指南するようなものですが、クライミング能力はセキネくんの方がはるかに高いので、意欲的なルートの奮闘的なピッチは彼にリードしてもらおう!という下心もありました。ただし、彼の仕事(スポーツ用品店勤務)は7月から8月にかけてが掻き入れどきで休みをとることができないので、シャモニーの登山シーズンとしてはやや早めの6月23日に出発し、現地で4日登ったところで長い休みをとれないセキネくんと別れ、続く4日間の内の2日をガイド登山とする計画としました。

この日程は、結果的には幸運を招くことになりました。

我々の前の週に山仲間のツジタ夫妻がシャモニーに一週間滞在したものの、下界でも雪が降るほどの天候不順が続き、かろうじてコスミク稜を完登したのとイタリアのグラン・パラディーゾ(4,061m)を途中まで登れただけで終わり、我々に対して「異常気象で寒い!防寒対策は万全に」という申し送りをしてくれていたのですが、蓋を開けてみれば前半の4日間は3本登れ、後半の4日間でも2本のガイドクライミングと1本のハイキングができて申し分のない休暇となりました。

実は、今年もしつこくモン・ブランをコスミク小屋から登る計画を組み込んでいたのですが、そちらは雪の状態が悪くて取り付くこともできませんでした。しかし、モン・ブランに二日を費やすことがなかったおかげで多彩な楽しみ方ができたのですから、結果オーライです。この感覚はセキネくんも同じだったようで、特に4日目のコスミク・バットレスの登攀は、彼曰く俺のやりたかったのはこれだ!と思える様な素晴らしいクライミングであったとのこと。そう言ってもらえて、案内した甲斐がありました。

日付をクリック!

日程 場所 行程
2016/06/23 成田空港 ミュンヘン経由ジュネーヴへ。さらに乗合バスでシャモニーへ。
24 シャモニー フリゾン・ロッシュ
25 ブレヴァン・バットレス南フェース〔敗退〕
26 プチ・ヴェルト
27 エプロンからコスミク稜
28 休養日
29 ミディ南壁レビュファルート
30 バルム峠
07/01 シャペル・ド・ラ・グリエール
02 休養日
03-04 ジュネーヴからフランクフルトへ。
成田空港 成田へ。