バンコクとアユタヤへの旅

1999/07/17-21

山仲間Fさんが4月から2年間の予定でバンコクに赴任したのをいいことに、観光客となってタイへ遊びに行ってきました。昨年末のキナバル登山に続く東南アジア行ですが、こちらは様々な史跡を通じてタイの歴史を学ぶアカデミックな(?)旅となりました。

タイというとパタヤ・ビーチやプーケット島といったリゾート地も有名ですが、東南アジアで唯一植民地化を免れた歴史と伝統の国であり、敬虔な仏教国でもあることから、今回は史跡を中心に回ることとしました。といっても、企画から手配まで、全てFさんにお任せの気楽な旅。キナバルのときと違ってガイドは日本語が使えるし、こんなに楽をしていいのか?との疑問もないではなかったのですが、とにかく心から楽しんだ4日間でした。

日付をクリック!

日程 行程
1999/07/17 成田からバンコクへ。
この日はスコータイ・ホテル泊。
18 カンチャナブリーとナコーン・パトムへのツアー。
クウェー川にかかる「戦場に架ける橋」を見物。
プラ・パトム・チェディ。
19 アユタヤへのツアー。
バンパイン宮殿 / ワット・ヤイ・チャイ・モンコン / ワット・プラ・マハタート / ワット・プラ・シー・サンペット。
アユタヤからバンコクまでチャオプラヤー川を船で下る。
20 タイ市内観光。暁の寺院 / エメラルド寺院・王宮 / 黄金仏寺院 / 涅槃寺 / 大理石寺院。
バンコクから成田へ。
21 成田着。

ノート

→ [気候

→ [言語

→ [通貨

→ [果物

→ [歴史

→ [宗教

→ [交通手段