スコータイとアンコールへの旅

1999/11/19-24

紀元前後からインドの文化的影響を受け続けてきた東南アジア世界に9世紀から15世紀にかけて栄えたクメール帝国と、南中国から移動したタイ族が13世紀に初めて建てた王朝・スコータイ朝。今回は、13世紀のチャオプラヤー川流域を中心に鋭く対立した両国の首都遺跡を訪ねる旅となりました。

この時期にタイを再訪したいとは前々から決めていたことですが、こちらの仕事の都合とバンコク在住の山仲間Fさんの出張の兼ね合いがなかなかすり合わせられず、意を決して予約を入れたのが10月の中旬。青山のカンボジア大使館に出向いてビザもとってはおいたものの、当然のように「厳しいキャンセル待ち」と言われてはらはらすることになりました。ある旅行代理店から10月25日に「19日09:40成田発香港経由同日16:40バンコク着、帰りは22日17:00バンコク発20:45香港着で23日10:10香港発14:55成田帰着」のオファーを受け予約しましたが、これは香港の空港でエアポート・ビバークだな、と覚悟を決めていたところ、11月10日になってエイチ・アイ・エスから下記の便があいたとのFAXが入り、急遽香港経由便はキャンセル(キャンセル代2万円也……)してこちらに乗り換えることにしました。

日付をクリック!

日程 行程
1999/11/19 羽田から台北経由バンコクへ。
20 5時間のバスの旅でスコータイへ。
シー・サッチャナーライ遺跡とコ・ノーイ窯。
ロイカトンショー鑑賞後、ホテル・トップランド泊。
21 スコータイ遺跡。
飛行機でバンコクへ。
22 (1) バンコクからカンボジア入国、シエム・リアプへ。
アンコール・トム。
22 (2) アンコール・ワット / プノン・バケン。
アンコールホテル泊。
23 タ・プローム / バンテアイ・スレイ / 東メボン / プリア・カン / ニャック・ポアン。
バンコクへ。
24 バンコク発、台北経由羽田着。

ノート

→ [歴史

→ [説話

→ [ビザ

→ [通貨

→ [資料