2007年04月の徒然

惑星

2007/04/26

この1週間の通勤途上で読んでいた『惑星学が解いた宇宙の謎』(井田茂)は、惑星系の起源に関わる理論をわかりやすく解説した新書サイズの読みやすい本。これが、すこぶるつきで面白く読めました。

全体の流れは、最初に宇宙論の到達点を概観してから、太陽系形成の理論、地球型惑星の生成、木星・土星と天王星・海王星の成因、そして太陽系外惑星の探索を経て、系外の地球型惑星探索の動向へと連なっていきます。面白く読んだポイントをいくつか紹介すると……

  • 太陽系形成の標準モデルでは、太陽の周りの円盤ガスからまず微惑星が無数に生まれ、それが衝突合体を繰り返して火星サイズの原始惑星を作り出す(水星と火星は原始惑星そのもの)。その原始惑星がさらに衝突を重ねて、地球・金星や巨大氷惑星(天王星・海王星)、さらに巨大ガス惑星(木星・土星)のコアをかたちづくります。そのことに要した時間は、たったの数千万年。
  • 月は、原始地球に火星サイズの原始惑星が衝突した衝撃(giant impact)で破壊された原始惑星のマントル部分が地球周回軌道に乗って集積したもの(なので月にはコアはない)。その集積に要した時間は、なんと1ヶ月から1年。この間に地表から空を見上げたら、原始惑星の破片が無数に宙に浮かんでいる摩訶不思議な光景を見ることができたでしょう。もっとも、そのとき地表は衝突のエネルギーでマグマオーシャンと化していたはずですが。
  • 太陽系外の惑星には、楕円軌道惑星やホット・ジュピター(中心星のすぐ近くを回る巨大ガス惑星)、それらの組み合せといった多様な形態があって、「惑星の動物園」(planet zoo)と呼ばれています。その原因は、惑星系を形成した円盤ガスの質量、そして組成が関係している可能性があります。宇宙は生成とともに徐々に重元素の量を増やしてきていますから、我々の太陽と同時期(宇宙ができて80〜90億年後)の円盤ガスの組成から太陽系型の惑星系が生まれるのだとしたら、宇宙のあちこちでほぼ同時期に地球型惑星が、そして生命が生まれているかもしれません(し、一斉に滅びの時期を迎えて宇宙は死の静寂に戻るのかもしれません)。
  • 太陽系の終焉は、今から65億年後。太陽は水素を燃やし尽くして赤色巨星となり、内惑星のいくつかを呑み込みます。そして80億年後には、ヘリウムの突発的な核融合により太陽の外層部は吹き飛び、残された中心部は白色矮星となって徐々に冷えていきます。その頃には、アンドロメダ銀河が衝突し、銀河系全体が激動の時代を迎えます。

こうしたスケールの大きな話の合間では研究者気質のあれやこれやがさらりと紹介されていて、とにかく研究が楽しくてたまらないという様子に、読んでいるこちらも嬉しくなってきます。

ところで、太陽系では巨大ガス惑星は幸いにして(?)2つだったので各惑星は今では安定した円軌道に収まっていますが、これが3つ以上あった惑星系では、巨大ガス惑星がお互いの引力で振り回し合って、どちらかが中心星の引力を振り切って系外に飛び出してしまい、残った惑星は楕円軌道を描くことになるのだそうです。ということは、あてどもなく虚空を飛び続けている巨大ガス惑星が宇宙のあちこちにいるというわけです。古典SF『地球最後の日』(フィリップ・ワイリー&エドウィン・バーマー )はそうした放浪惑星が地球に衝突するというお話でしたが、しかし現実には、この広大な宇宙空間でそうした星が他の惑星仲間に出会うチャンスは、まずないのでしょう。生みの親である中心星にも兄弟惑星たちにも見捨てられて、極寒の恒星間空間の数十億年の旅を、いつ終わるという望みもないままに彷徨い続ける孤独な惑星。

……寂しいだろうな。

空耳

2007/04/20

Mickyさんのブログで紹介されていたタモリ倶楽部の「空耳アワー」の名作のいくつかを辿って見ていくうちに、ジプシーキングスの「ベン、ベン、マリア」に行き当たりました。これは凄い!ディスプレイの前で爆笑してしまいました。今は著作権の関係で削除されてしまっていますので言葉で説明しますと、この曲の本来の歌詞は

No te vayas, vuelves ya
tú no me dejas
tú no me digas, olé

なのですが、これがどういうわけか

あんたがた ほれ見やぁ 車ないか こりゃまずいよ......

と聞こえて、画面では路駐の車をレッカーに持っていかれた男女が途方に暮れてしまっています。この作品、放映された回で最高賞品のジャンパーを獲得しただけでなく、「第一回空耳アワード」の栄誉にも輝いた有名作品で、いまやジプシーキングスの説明には必ず引き合いに出されるほど。

そんなわけで買ったのが、ジプシーキングスの『The Very Best Of Gipsy Kings』。麒麟淡麗<生>のTV-CF曲として大ヒットした「ボラーレ」を筆頭に、いかにもラテンな「バンボレオ」、陽気なコーラスが印象的な「ジョビ・ジョバ」、なぜか『鬼平犯科帳』のエンディングに使われていたインストゥルメンタル曲「インスピレイション」など、親しみやすい曲が並んでいました。もちろん(?)、日本語版の解説では「空耳アワー」での受賞のことにも触れられています。

なお上記の「ベン、ベン、マリア」、イントロのギター、その後のコード進行、情熱的なカンテと流麗なギターソロなど、真面目に聴いてもなかなかの好曲で、その歌詞をスペイン留学経験のあるクライミング仲間Y女史に見てもらったところ「行かないでくれ、君はすぐに帰ってくるさ。捨てないでくれ」といった意味だそうですが、Y女史曰く「サザンのスペイン語版みたいなもので、ぜ〜んぜん聞き取れません」なんだそうである。そりゃそうでしょう、明らかに日本語であんたがた...と歌っているのですから。

積読

2007/04/17

書店でたまたま目についた面白そうな本を、買ったはいいもののすぐに手をつけずにいるうちに、いつのまにか書棚の飾りとしてしまっている経験は、多くの人が持っているでしょう。いわゆる「積ん読」(つんどく)というやつです。T.H.V.アンデルの『さまよえる大陸と海の系譜』もそうした一冊ですが、これはちょっと年季が入っています。何しろこの本を買ったのは1991年ですから、今から16年も前。先月読み終えた『眼の誕生』でカンブリア紀以降の生命史に対する知見を得たので、そのつながりとして本書を引っ張りだすことにしたものです。

この本は、主としてプレート・テクトニクスを基軸として、地球の45億年間の歴史に起こった大陸変動・海洋の変化・気候の変化・生命の進化の様相を初学者向けに説こうとするもの。特に、それらがばらばらの事象としてではなく因果関係をもった出来事として説明されている点に感心します。たとえば、大陸の分割と移動によって海洋の形ももちろん変わります。海流循環系に大きな変化が生じ、環赤道海流が寸断されるとともに環南極海流が2500万年前に形成されると、それまで比較的温暖で樹木も繁茂していた南極は氷の世界へと変貌します。こうした地形や気候の変化は生命の進化にも影響を及ぼし、安定期に多様化し環境に順応しきった種は、次の変動期に適応できず絶滅に瀕することを余儀なくされる、といった具合です。もちろん、本書が著されてからの16年間で理論的にも観測的にも新しい知見が蓄積されているでしょうから、本書の「賞味期限」はとっくに過ぎているのかもしれませんが、それにしても興味深い話ばかりです。

過去の話ばかりではなく、現在の事象についての説明もなかなかにそそられるものでした。特に海流の話は自分には新鮮で、たとえば大西洋深海域では南極から非常に冷たく塩分濃度の高い底掃流が海底峡谷を通って400年をかけて北極圏に達しているとか、逆にグリーンランドあたりからは比較的暖かい海水が深さ2000mあたりを南下して南極海に吹き上げ、そこに多くのプランクトンを育んだり、その暖かさがもたらす霧が南極に多量の降雪をもたらしているとか、地中海では周辺の河川から流れ込む淡水よりも海面から蒸発する水分の量の方が多いため、塩分濃度の高い海水がジブラルタル海峡を越えて大西洋の中深度を両大陸の中間まで舌状に伸びているとか。

そもそも、大陸地殻はどこから生まれたのか。本書の中では、地球の草創期に今よりも多量に存在した同位体の崩壊熱が引き起こす巨大なマントル対流のもとで、原始地殻がいわば吹き寄せられたもの等が現在の大陸地殻だと説明されています。つまり、地球上で行われているプレート・テクトニクスの働きはどんどん変化しているのであり、もちろん永久機関の存在も否定されているのですから、地球もいずれは熱機関の働きを止めて冷えきってしまう日が来るのでしょう。そう言えば確か、昔読んだSF(タイトルが思い出せません)に、そのように冷えきってしまった未来の地球に町ごとタイムスリップしてしまうというお話があったのを記憶しています。ですがそこまで待たなくても、本書に描かれた地球の大陸・海洋・気象の変貌は、最短でも数千万年単位。かたや、人類の歴史は旧石器時代から数えてもわずか200万年。次の200万年を人類が種として生き延びることができるかどうか非常に不安ですが、仮に人類が滅びることがあったとしても、それは人の営みとは隔絶したタイムスケールをもつ地球自身の変化が原因ではなく、人類自身が招く「何か」に基づくことになるのだろうという気がします。

十年

2007/04/13

早いもので、このサイトも今日(4月13日)が開設10周年。

「クラリス・ホームページ」というMac版のHTMLエディタが出たのを機に、ものは試しと1997年に立ち上げたこのサイトの構成はほとんど今と同様で、基本コンセプトは自己紹介+日記系。記録を見ると、当時のプロバイダはIIJ4Uで、2MBという容量の限界はあっという間に越えそうになったので、画像の収納用にBEKKOAMEも使っていました。山の記録を抜き出して残りを日記系にしたのがその年の11月、翌月にNifty-Serveにアカウントを移して、海外旅行記録の分離は2000年3月。その後、宅鯖時代を経て現在の.Macを使うようになったのは2004年9月。ちなみに、今日現在のこのサイトの総容量は413.2MB。

この間、記述時点の無知やその後の感性の変化で今読み返すと恥ずかしい思いをする記事ばかり垂れ流してきていますが、プロの物書きというわけでもないので、これからもあまり他人の目を気にせず、ただし礼儀と著作権はなるべくわきまえて、書き連ねていくつもり。いったいいつまで続くことになるのかは、神のみぞ知るです。

花見

2007/04/01

レオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」を観るために上野の東京国立博物館へ。展示の方の話は別の場所で書くとして、ここで紹介するのは上野公園の話。当然この日は花見客で公園内がごったがえしており、花を眺めているのだか酔客を眺めているのだかよくわからない状態でした。それでも、暑いくらいの陽気の下、花見らしい花見が一応できて、そこそこ満足。

しかし、せっかくだからと千鳥ヶ淵にも足を伸ばしてみることにしました。九段下の駅から、まずは陸橋を渡って靖国神社の境内に入り、缶ビールを片手に出店の間をぷらぷらと歩きます。「広島風お好み焼き」がやたらに多かったのですが、自分はふと見かけた貝の串焼き屋さんでホタテ1串を買い求めました

片手にビール、片手に串というおよそ神社の境内にふさわしくない格好で奥に進んだのですが、もちろん内院に入る前には全て腹に納めました。他の花見客もここではずいぶんと静かで、さすが神様の前では誰しも厳粛な気持ちになるのだと感心。桜の方も、心なしか上品な咲き方をしている感じがしました。

陸橋を渡り返して、今度は千鳥ヶ淵沿いの道を行きます。一応両方向歩けるのですが、九段下から半蔵門へ向かう道の方がお濠寄りになっていて眺めがよく、したがって圧倒的に人の数も多いのです。こちらは適当に眺めを間引きしながら歩きましたが、ライトアップされた桜は特に対岸のものが綺麗でした。

というわけで、上野公園と千鳥ヶ淵の二つのメジャーな花見スポットを梯子できました。しかし、これでもかというくらい桜が並ぶのは、壮観ではありますが食傷もします。実は、私の一番お気に入りの桜はこちら。道玄坂の上、マークシティの出口に1本だけひっそりと咲いている桜の老木です。年々枝先が枯れて剪られているのが気になりますが、がんばっていつまでも咲き続けてほしいものです。