高見石〜白駒池〜にゅう

山頂 にゅう2,352m
分類 関東周辺
日程 2016/10/29-30
同行 yokkoさん / ジュンコさん
概要 渋の湯から高見石を経由して白駒池へ下り、幕営。翌日、にゅうから中山峠に達したものの、悪天候のために天狗岳に登ることは諦めて、渋の湯へ下山。

白駒池の湖面。周囲は原生林に覆われています。(2016/10/29撮影)

北八ヶ岳ならではの苔。さまざまな種類があって、見飽きることがありません。(2016/10/29-30撮影)

10月最後の土日は明星山へ行く予定でしたが、あいにく相方に急用が入り直前でキャンセル。そこでyokkoさんに声をかけてみたところ、職場の同僚ジュンコさんの初テント泊に付き合って北八ヶ岳へ行く予定だが、それでもいいか?との返事をいただきました。もちろん問題ありません!そんなわけで土曜日の朝に新宿駅西口で待ち合わせ、ジュンコさんとは初対面の挨拶を交わしました。私よりも20歳以上(yokkoさんよりウン歳)若いジュンコさんは元気一杯のチャーミングな山ガールで、山歩きが楽しくて仕方ないという健脚オーラを発散しています。まぶしいなあ。

click

渋の湯の手前にある御射鹿池では、カメラを構える観光客が群れなしていました。物知りジュンコさんの解説で初めて知ったのですが、ここは東山魁夷の有名な《緑響く》で描かれた場所なのだそうです。

2016/10/29

■12:00 渋の湯 ■14:00-10 高見石 ■14:50 白駒の池キャンプ場

予定通り正午前に渋の湯に到着し、駐車場に車を駐め荷物を振り分けてから出発です。

下界は落葉松の黄色い葉が目立ちましたが、登山道を進めばすぐに緑の森の中に入ることになります。歩き出してすぐのところでyokkoさんがギクリとして後ずさりを始めたのでどうしたのかと思ったら、yokkoさんの指さす先に黒い大きな獣の姿。まさかクマ?いや、カモシカでした。

北八ヶ岳と言えば、何といっても苔です。道の左右で異なる苔の広がりを眺めたり、苔に覆われた切り株が蛸入道のようになっているのを面白く眺めたりしながら、歩きやすい道をひたすら進みました。

やがて「賽の河原」と呼ばれる岩がちの地形に出ましたが、下界ではそこそこいい天気だったのに、ここまで来ると頭上はガスに覆われるようになっていました。そして、我々の前方に現れたお地蔵様の姿に不意を突かれてびっくり。白っぽい衣装と顔立ちは、エヴェレストで遭難したジョージ・マロリーを連想させて不気味です。

ひとしきり登ったところから水平の林間の道が続いて、懐かしい高見石小屋に到着しました。実はここまでの道のりは4年前の春にも登ったことがあるのですが、そのときは当然残雪期で、趣はまったく異なります。

小屋の前にザックをデポして、早速小屋の背後にある高見石に登ってみました。てっぺんからは、これからそこへ降りようとしている白駒池がよく見えていましたが、その周囲もまたガスに覆われていました。

高見石から白駒池までは距離としてはほんの一投足ですが、濡れて滑りやすい石やぬかるみのためにスピードが上がらず、思ったよりも時間がかかりました。

それでも、湖岸に出てみればいい気分。ここは周囲1.35km、標高2,000メートル以上の高地にある湖としては日本一の大きさなのだそうです。

白駒荘から時計回りに湖岸沿いの木道を歩いて、ほんのわずかで着いたところが青苔荘です。

青苔荘の隣にあるキャンプ場にテントを二張り。テント泊が初めてのジュンコさんは、yokkoさんの手ほどきを受けながらテント設営を手伝ってくれました。

一日の労働が終われば、飲んで食べるだけ……と言ってもまだ15時半なんですが、まあいいか。担ぎ上げてきたおでん種はどこまでも尽きることがなく、途中で寒くなってきたのでテントの中に河岸を移して日本酒に切り替えましたが、日頃の寝不足に私の瞼はすっかり重くなり、17時前には早くも自分のテントに引き上げてシュラフの中に潜り込みました。寝入り端にyokkoさんのテントの中から、鍋をひっくり返したらしい「きゃー」という悲鳴が上がるのが聞こえましたが、こちらは様子を聞くのも億劫で、あっという間に意識を失ってしまいました。

2016/10/30

■07:15 白駒の池キャンプ場 ■08:45-50 にゅう

午前1時頃に雨がテントを叩く音で目が覚めましたが、明け方には雨も上がった模様。ジュンコさんは寒い思いをしたのではないかと心配していましたが、後で聞くと携帯カイロを貼りまくってぽかぽかだったそうです。しかし、テントの中の結露には驚き、シュラフカバーの必要性に大いに納得したようでした。

朝食をテントごとにすませ、身支度をしてこの日の行程を始めます。この日の目的地は、にゅうから中山峠経由で天狗岳です。予報によれば昼頃には天候が回復してくれるはずなのですが……。

白駒池を離れてほとんど高低差のない樹林の中の道を歩けば、ムツデチョウチンゴケが繁る(?)「もののけの森」。

さらに白駒湿原やしらびその幼木の森、ミヤマクサゴケに覆われた「にゅうの森」を経て道は傾斜を強めます。

yokkoさんとジュンコさんにとっては初めて(私は2009年に来たことあり)のにゅうに到着したときにもあいにくのガス、しかも風が出ていて前途が危ぶまれました。

とにかく、中山峠までは行ってみよう。

■09:55 中山峠 ■10:00-55 黒百合ヒュッテ ■12:40 渋の湯

中山峠に着いたところで、黒百合平から上がってきたカップルと天狗岳から降りてきた女性三人組と鉢合わせになりました。三人組に聞いてみたところ、天狗岳のピークは「展望なし」「風は強い」おまけに「雪がうっすら着いている」の三重苦状態だったそう。

しばらく様子を見るか……と、中山峠から少し下った黒百合ヒュッテへ退避することにしました。

黒百合ヒュッテの中に入り、まったりとコーヒータイムとします。カップケーキにはコケモモシロップ。

しばらく様子を見ましたが、天候回復の見通しが立たないので潔く天狗岳は諦めることにしました。残念ですが、しかしジュンコさんにはもっといい状態で天狗岳の展望を楽しんでいただきたいので、これはこれで仕方ないでしょう。

渋の湯への下り道もずいぶん下がる頃には予報通り天気が回復してきましたが、木の間越しに稜線を見上げてみると相変わらず上部はガスの中です。よしよし、そうでなくては。

こんな具合のほのぼの山行でしたが、ジュンコさんは初テント泊、yokkoさんは初にゅう、そして私も初白駒池を味わうことができたのですから、成果としては十分です。また、yokkoさんは半月後には大阪へ引っ越してしまうので、いい思い出づくりもできました。今後は簡単にはご一緒できないかも知れませんが、いずれ信州の山などで顔を合わせる機会もあるでしょう。一方のジュンコさんは、今回の山行をステップアップの機会とし、テントによる機動性を活かして行動半径を広げていただきたいものです。折が合えばまたご一緒しましょう!

こちら、ジュンコさんの接写ワールド。美しい……。

北八ヶ岳の苔の森の素晴らしさは前々から話には聞いていましたが、こうしてじっくりと苔と向き合ったのは初めてです。確かにこれなら、苔を見るだけのために山小屋泊まりにしてもいいかも。