一ノ倉沢2ルンゼ〔敗退〕

山頂  
分類 上信越 / アルパイン
日程 2016/10/16
同行 かっきー・セキネくん
概要 谷川岳一ノ倉沢の2ルンゼを登るべく、テールリッジを辿って本谷バンドをトラバース。2ルンゼの途中で事故を起こし、レスキューヘリのお世話となる。

南稜テラスから見た2ルンゼ(影になっている部分)。この約3時間後に、まさかの事故。(2016/10/16撮影)

→「一ノ倉沢本谷〜4ルンゼ」からの続き。

この日は、クラシックルートである2ルンゼからのザッテル越え。滝沢上部は『新版 日本の岩場』の記述に従ってCルンゼからBルンゼを経て国境稜線へ抜ける計画です。

2016/10/16

■04:30 駐車場 ■05:25-50 一ノ倉沢出合 ■06:40 テールリッジ下 ■07:30 中央稜取付

前日と同じく3時半起床で朝食をとった後、駐車場に移動して一ノ倉沢出合を目指しましたが、昨日の疲労が残っているのか少々足取りが重く、一ノ倉沢出合では十分明るくなるまで短時間の仮眠をとることにしました。

今日は昨日のような沢通しではもちろんなく、右岸巻きの道を二つ重ねてテールリッジの対岸の尾根上に上がり、懸垂下降で沢筋に下ります。この日も多くのパーティーが一ノ倉沢に入っていましたが、見ればテールリッジの左下に行き詰まった様子の単独行者がいて、上から別パーティーがロープで下ってレスキューしている様子です。なんであんなところにいるんだ?とその場にいる者の全員が訝しんでいましたが、おそらく彼も本谷を遡行しようとしてあさっての方向に上がってしまい、進退窮まったのでしょう。

順番が来たところで本谷への懸垂下降。易しくはあってもかなりの斜め懸垂になるので、気を抜くことはできません。そして下に着いてみると、昨日に引き続いてヤマザキ氏がいてセキネくんと何やら会話を交わしています。聞けば、氏は滝沢上部から国境稜線へ抜けるルートについてアドバイスをして下さっていて、易しいとされるBルンゼは生命の危険を感じる程に草付が薄いために、滝が多少難しくてもAルンゼを採用した方がよいとのこと。確かに、国境稜線下の草付の悪さは嫌な草付慎重に越せば やっと飛び出す国境稜線と「谷川小唄」に歌われるくらいの折り紙付きですが、『新版 日本の岩場』の記述ではかつてよく登られたAルンゼはゴルジュ内にIV〜IV+程度の滝が連続し、悪くて時間もかかるとあるので悩ましいところです。もっとも、結果的には悩む必要もなくなってしまったのですが。

何度も登っているテールリッジですが、何度登っても正面右寄りに見える衝立岩の偉容には圧倒されます。しかし、この日の好天は暑さとなってスタミナを奪い、スピードが上がりません。

かっきーやセキネくんに相当遅れて中央稜取付に到達しましたが、見ると中央稜には誰も取り付いておらず、実に静かです。中央稜を登るというヤマザキ氏とはここで別れて烏帽子沢奥壁のトラバースに入りましたが、途中で出会ったのは中央カンテを登るらしい男女パーティーと、南稜フランケを登り始めたばかりの男女パーティーの二組で、大半が南稜ルートに集中しているようでした。

■07:55-08:05 南稜テラス ■08:30-09:10 2ルンゼ取付 ■10:40 事故発生 ■11:45-13:15 2ルンゼ取付

南稜テラスから2ルンゼの入り口までは本谷バンドをトラバースすることになりますが、過去に滑落事故も起きているのでロープを結び、ビレイヤーにはしっかりセルフビレイをとってもらって渡ることにしました。

ワンポイント少々微妙な下りがありますが、本谷バンドのトラバースは概ね安定した水平の道で、ところどころに残置ピンもありさしたる危険は感じません。途中の残置ピンでピッチを切って2ピッチで本谷(F滝の下)に達すると、ちょうど昨日の我々のように本谷を遡行してきた三人組と交差することになりました。落石を見舞わないように少し間を空けてから本谷の向こう側に渡り、見上げたところが2ルンゼの入り口です。遠目にも見えていたとおり、山体の傾斜に対して左からのしかかるようなリッジが凹角を形作っており、いかにも中は湿っていそう。本谷バンドの途中から見えていた先行パーティーの姿も今はなく、何となく不気味ですらあります。

1ピッチ目は私のリード。ルンゼ内を進むとすぐに行き詰まりますが、右壁の濡れた凹角のさらに手前に乾いた階段状があって、そこからルンゼの右を回り込むようにして30メートル登ったところにあるルンゼ内のはっきりした残置支点でピッチを切りました。体感III級。

2ピッチ目も引き続き私のリードで、寒く湿ったルンゼ内を詰めることにしましたが、もしかするとここはルンゼの右のフェースに出る方が良かったのかも知れません。ともあれ、先ほどよりは少々難しく(体感IV級)、また岩も脆くて気を使う登りから胎内くぐりのように岩の下を抜けてロープを25メートル伸ばしましたが、ところどころの腐りかけた残置ピンに気休めのランナーをとり続けている内に手持ちのクイックドローが乏しくなったため、チョックストーンをくぐってすぐ右にあった残置支点でピッチを切ることにしました。もしかするとここがトポに書かれている本庄山の会ルートのスタート地点だったのかも知れませんが、このときは「どうもトポの記述と実際とが合わないな……」と悩みながらの登攀でした。

ともあれ2ピッチ目を私が短く切ってしまったので、上の方に見えているはっきりした残置支点までの残り15メートルはセキネくんにリードしてもらいました。引き続いてのルンゼ内も、濡れている上にところどころ脆い岩をだましながらの登りとなりましたが、苦もなく登っていったセキネくんに上から確保されて到達した残置支点は、比較的しっかりしたリングボルト三連打に真新しい赤いスリングが掛けられたもので、かなりの安心感があります。

さて、見上げる濡れた凹角の向こうには明るい空が見えていましたが、相変わらずトポの記述との照合ができないまま、ともあれ三人の位置関係からかっきーがリードで目の前の凹角に取り付くことになりました。出だしからなかなかに微妙な様子で登るかっきー。出だしを一段上がったところにある残置ピンは深打ちされているピトンらしく、スリングを通すのにも苦労していましたが、それでもどうにか最初のランナーをとったかっきーは、斜度のきつい凹角をゆっくりと上へ抜けていきます。10メートルほど上にある凹角の出口に達し、そこから先の様子を聞くセキネくんの質問に「ここから上は安定している」と答えるかっきーの声を聞きながら、私は自分のシューズが足を締め付けるのを気にして足元を見ていました。

次の瞬間、ビレイしていたセキネくんの叫び声に驚いて顔を上げると、かっきーが大きな岩と共に数メートル上まで落ちてきているところでした。逃げ場のないルンゼ内で衝撃に備える余裕もなく、あっと言う間に落ちてきたかっきーの身体が激しく衝突して私も背後の壁に打ち付けられたのですが、背中のザックのおかげでショックが吸収されてほぼ無傷ですみました。セキネくんも岩の直撃は免れましたが、かっきーの身体は下半身が差し渡し50cmほどの岩の下になっており、うめき声をあげています。右上腕ははっきりと膨らんでいて、かっきーは自分で「腕が折れたようだ」と言っていますが、まずはかっきーの身体を落ちてきた岩から解放しないことには何もできません。セキネくんと力を合わせて渾身の力をこめても岩を完全に動かすことはできませんでしたが、何度目かのトライでかっきーの身体を引きずり出すことができました。相変わらず苦しそうな表情ではあるものの、かっきーの意識はしっかりしており、腕に加えて右足もやられていることを伝えてくれました。ただちに下降し、一刻も早く救助を呼ばなくては。

ルンゼ内では携帯電話が通じず、仮に通じたとしてもヘリによるピックアップは不可能です。したがって、セキネくんと私の二人だけでかっきーを本谷まで降ろさなければなりません。幸いかっきーは左半身が使える状態ですから、救助技術が不確かな我々が無理に背負って下ろすよりは、少々乱暴でもロワーダウンさせた方がスピードを稼げそう。また、ロープの片方が落石の下に食い込んでしまって使用不能になりましたが、ここまでのピッチ間の距離を把握できていたので、残りの50メートルロープ1本を使っての25メートル毎の下降でも大丈夫だという計算ができました。そこで、ロープの端をかっきーに結び、残りを下に垂らしていったん支点のカラビナにクローブヒッチで固定。この1本のロープでセキネくんと私のどちらかが懸垂下降をしたら、上に残ったもう一人が固定を解いてかっきーが下からロワーダウンで下ろされるのを補助し、最後に自分も懸垂下降してロープを引き抜く、ということを繰り返します。懸垂下降ごとに補強のスリングと安全環付カラビナを残置しながらの下りとなり、しかも最後(登りでの1ピッチ目)はロープ長が若干足りない状況となりましたが、それでもどうにか4ピッチの下降で本谷まで降りることができました。

この間、かっきーは痛みと寒さに耐えながらも自分で折れた右腕を固定し、さらに、ほとんどずり落ちるようなロワーダウンで身体のあちこちを岩に打ち付けることになったはずですが、泣き言を口にすることは一度もありませんでした。

事故が起きたのが10時40分頃、本谷に下り着き、かっきーのdocomoが通じるようになって警察(110番)に救助要請したのが11時40分頃。かっきーの携帯がフル充電状態だったことも幸いして、警察に続いて消防とも詳細な情報交換を行うことができ、ヘリが基地を飛び立ったのは12時35分。そしてその10分後には、ヘリの音が我々の耳に聞こえ始めました。

カメラを向けると気丈にポーズをとるかっきー。その彼にかぶせていたツェルトをとり上げ、ヘリに向かって頭上でぐるぐる回して合図をすると、やがてヘリは本谷上空でホバリングを始めました。ローターによる強風で周囲に堆積していた枯葉が激しく宙を舞う中、救急隊員二人の姿が徐々に近づいてきましたが、上空の気流が悪いらしくてヘリの姿勢が安定せず、ワイヤーによって吊るされた救急隊員は本谷F滝の左壁に身体を打ち付けバランスを崩しています。それでもなんとか降り立った救急隊員は手早くワイヤーを外して我々の近くに駆けつけると、かっきーに簡易診断を施した後に、吊上げ用のシートをかっきーの身体の下に入れてヘリに連絡をとりました。さらに、ヘリが再び近づくまでの間に我々や荷物のピックアップの希望を聞いてくれたのですが、セキネくんも私も無傷なので当然に自力下山を選択し、かっきーの荷物も我々が下ろすことを告げました。

救急隊員の皆さん、本当にありがとうございました。かっきーよ、後でまた会おう。

ヘリを見送った後は、我々も下山するばかり。本谷バンドから南稜テラスまではロープを再び出しました。

■13:40 南稜テラス ■14:15 中央稜取付 ■15:00 テールリッジ下 ■15:35 一ノ倉沢出合 ■16:20 登山指導センター

南稜テラスでロープを解いたら、後は各自のペースで下ります。

烏帽子沢奥壁の横断バンド、テールリッジ。まさかここを戻ることになるとは。

一ノ倉沢出合に着けば、はっきりと安全圏です。アスファルトの道の確かさを足の下に感じながら45分間の歩きで登山指導センターに着き、ここで山岳警備隊による事情聴取を受けましたが、自身もクライマーであるらしい警備隊の方々の親身な口調には、救われる思いがしました。

「後でまた会おう」と思っていたかっきーとは、結局その日の内に会うことはできませんでした。沼田の病院で診察と応急処置を受けたかっきーは、その病院では手術をすることができないためにいったん桐生の友人宅に泊まることになったからで、かっきーの車は彼の別の友人が運転して桐生へ回送してくれたのですが、これら一連の対応でのかっきーの山スキー仲間たちの行動力には頭が下がります。それは結局のところ、かっきー自身の彼らに対する友情の厚さの賜物であることは、間違いないでしょう。

そんなわけで桐生の病院に入院することになったかっきーをセキネくんと私が見舞うことができたのは、事故から中三日がたった木曜日でした。事故原因は、凹角出口で手をかけた浮き岩がいきなり剥がれてのしかかられたことであったようですが、はっきりしたことはわかっていません。とにかく、10メートルの墜落でグラウンドフォールしたかっきーは、右上腕と右踵に加えて肋骨も骨折しており、肺にたまった血が引くまで手術ができない状態でしたが、それでも表情はいたって元気そうでした。骨にチタンを埋め込む手術の後は4週間の入院を要するそうで、その後も現役復帰に向けては長いリハビリが必要です。この冬のアイスクライミングは無理、春の山スキーも厳しいでしょうが、沢シーズンになったら癒し系の易しいところから身体を戻していきましょう。もちろん、釣果についてはセキネくんと私が責任をもって食しますので、安心して(?)下さい。

退却に際して2ルンゼ内に残置せざるを得なかったロープやスリング類は早々に回収したかったのですが、セキネくんと私との休日がなかなか合わないこと、天候の動向、そしてもうすぐ雪の季節になることを考え合わせると、越年とせざるを得ないようです。それまでの間に2ルンゼを登る方々には申し訳ないことですが、もしカラビナやスリングを回収していただけた場合は、どうぞそのままお使い下さい。またロープは、来年リベンジを兼ねて回収山行を行いたいと思っていますが、2ルンゼや滝沢の残雪が消えた後となると相当先のことになる見込みです。これまた、誠に申し訳ないことです。何卒ご容赦下さい。