谷川オジカ沢

山頂  
分類 上信越 / 沢登り
日程 2016/09/25
同行 かっきー
概要 谷川温泉から谷川本谷沿いの道を歩き、中ゴー尾根登り口の下でヒツゴー沢を分けて左手のオジカ沢に入る。オジカ沢ノ頭に出て遡行を終了し、肩の小屋から天神尾根、いわお新道を経て谷川温泉に戻る。

click

幕岩に向かって遡行する。上の画像をクリックすると、オジカ沢の遡行の概要が見られます。(2016/09/25撮影)

40m大滝。技術的には難しくないものの、ラバーソールには優しくありませんでした。(2016/09/25撮影)

100mナメ滝。もっと滝に近いところを登れたのかも知れません。(2016/09/25撮影)

この週末は越後の水無川水系の沢を遡行しようと金曜日の夜に東京を出発し、土曜日の2時過ぎに現地近くのコンビニの駐車場に泊まりました。しかし、5時に目を覚まして天気予報を確認したところ、その日の遅い時間帯に雨が降る可能性が無視できない確率とのこと。この一週間ずっと雨が降り続いていたことで増水していることは間違いない上に、さらに雨の上乗せがあるのでは危険過ぎると判断して、あらかじめ考えていたセカンドプランである谷川岳のオジカ沢へ転進することにしました。

しばし惰眠を貪ってから、越後の国から上野の国へ移動。水上の道の駅近くに車を駐め、ラフティングできゃーきゃーと黄色い歓声を上げている若者たちを眺めながら、途中で仕入れた酒とかっきーが持参していた鍋で真っ昼間から宴会としました。これはこれで楽しかったかも。

2016/09/25

■06:00 谷川温泉 ■07:00 二俣

谷川温泉の登山口近くの駐車スペースは「ます釣り専用」となっていたため窮屈な路肩に駐めましたが、実は道をさらに先に進むともう少しゆったりと駐められる広場がありました。ともあれ、ヒル対策としてかっきー持参の特効薬を足にこれでもかと噴霧してから出発しようとしましたが、そうこうしている間にもタイヤにヒルがよじ登ってきていて、足のない生き物が超苦手な私は早くも血の気が引いてしまいました。

谷川沿いの登山道はヒル街道と呼ばれる(本当か?)ほどにヤマビルが大量生息していますが、そのことを除けば概ね平坦でよく整備された歩きやすい道です。ヒルに取り付かれたくない我々は足早に先を急ぎ、1時間ほどで谷川本谷と中ゴー尾根方面の沢筋を分ける二俣に到着しました。この二俣には天神尾根の途中からいわお新道も降りてきており、このときは予定していなかったのですが、この日の帰路はそのいわお新道を下ってここに出ることになりました。

二俣から少し進んだところで道は中ゴー尾根の急登にかかるのですが、その右を流れ下るのがヒツゴー沢、左がオジカ沢です。ヒツゴー沢は癒し系の沢だと聞いていますが、ヒルを恐れてこれまで手(足?)を出していません。一方のオジカ沢はヒツゴー沢より難易度が高く、足が揃わないと日帰りは厳しいとのこと。ま、残雪がない今の時期ならいくらなんでも残業にはならないだろうとたかをくくってのんびり装備を装着し、ここから本格的な遡行の開始としました。

行く手に見えるのは、一ノ倉沢、幽ノ沢と共に谷川岳を代表する岩壁である幕岩です。しかし、幕岩は近年登られているのだろうか?氷柱がアイスクライミングの課題として狙われることがあるとは聞いているのですが、夏季のアルパインの課題としてはもはや記録を見かけません。やがて出てきた最初の15m滝はトポ(以下『東北・上信越・日本アルプス 沢登り銘渓62選』の記述を参照します)では右から登れることになっていますが、見たところ水量が多くシビアそう。最初からリポDクライミングにするわけにもいかないので、左から巻くことにしました。しかし、草付きの登りは急で不安定だし、Dルンゼの横断はぬるぬるで滑るしでいきなり時間を使ってしまいます。これは、前途多難かも知れない……。

続く6m滝は水流の右から一段上がり、水流を渡って左の丸いカンテ状を登ったところに残置ピン。そこから左へ水平の草付バンドが伸びていて、そのどん詰まりから脆い土壁を微妙に乗り越せば滝の上に出ることができました。連続する4m滝は右から問題なく越え、しばらく易しい小滝群を進んだ先に出てきた5m滝は、左からトラバース(越えてみると右側に残置スリングがありました)。

さて、その先に出てきたのが前方右奥から豊富な水を落としてくるねじれの滝で、トポには8m+8mと書かれていますが、実物はもっと立派です。ここはおそらく右壁を手前寄りから登っていけばスムーズだと思うのですが、それは上から見下ろしてみての結果論で、見た目には左から巻き上がって正面の草付き斜面を横断するのが素直なラインに思えます。よってここでも判断にはさして時間をかけずに高巻きにかかったのですが、高度感のあるトラバースはやはり危険があり、支点を得るために灌木を目指している内に思ったよりも高い位置に追い上げられてしまいました。しかし、だいたいこうしたところには先人の痕跡があるもので、我々が灌木帯に逃げ込んだところには残置スリングが木に巻かれており、そこから上流側へ60mロープ1本での斜め懸垂で回り込むことにしました。

ところがここで、思いがけないトラブル。ロープを回収しようとしたところどこかに引っかかったらしく、いくら力をかけても動いてくれません。緩やかな手前の斜面を登ってロープを掛けたスリングの場所に達しようとした私は途中で行き詰まり(お恥ずかしい……)、仕方なく私がクライムダウンしている間にかっきーがロープ伝いにトラバース〜登り返しをする始末となって、ここで30分余りも時間を浪費してしまいました。

行動食を口にして一息ついて、遡行再開。すぐに広河原と呼ばれる開放感のある地形になって、ここは歩いていても気分のよいところです。この後、右から枝沢が入るところにある10m滝(トポではこの枝沢は40m大滝の手前に入るように書かれていますが、実際にはその前にあるいくつかの滝の最初の10m滝の位置が枝沢ですので、トポの遡行図はこの点では誤りと思われます)を左から巻くと谷はV字がきつくなります。次に出てくるトイ状の滝もそのまま左から巻こうとしましたが、どうもそれでは沢筋にスムーズに戻れない可能性がありそうなので、カッキーは左の濡れた壁の微妙なトラバースに挑戦。途中カムやピトンを使って少々奮闘系になりましたがそれでもどうにか落ち口の高さより上に出ることなくこの滝を越えて、続く二つの滝を右壁から難なく登れば、目の前には左上からどうどうと水を落とす40m大滝が聳えています。

■12:15-45 40m大滝

滑り台のような形で豊富な水を落としているこの40m大滝をじっくり眺めたところ、出だしは水の中を頑張って登って右のテラス状に上がり、さらに2メートルほどスラブを登ってもう一段上のテラスに達すれば、そこから先は細い水流が走っているだけの階段状であるようです。ここは私のリードで行かせてもらうことにして、しばし呼吸を整えてから水の中へ。

出だしは水の中のカンテ状に手がかり足がかりを求めて5メートルほど登り、予定通り右のテラスへ。ここでピトンを打ってランナーをとろうとしましたが、意外に適当なリスがなく、ナイフブレードを1枚飛ばしてしまったところでここでのランナーは諦め、目の前のスラブの外傾した細かいスタンスをあらかじめたわしでごしごし磨いてからもう一段登りました。ところが、このラインの水は温泉が混じっているのか妙に生暖かく、そのせいもあって階段状と思えたところはぬるぬるです。実はこの日、ラバーソールの沢靴を初めて使っていたのですが、ここまでの間も白く乾いた石なら抜群のフリクションなのに少しでも黒光りしている石だと一気に滑るという体験を繰り返してまるでスピードが上がっていなかったのですが、この先のぬめった階段も一苦労。技術的には何の問題もないのに、一歩一歩摩擦を確かめ、ところどころでたわしを繰り出すという泥臭いクライミングで、やっとの思いで上に抜けることができました。

40m大滝の上には、間髪入れずに60mチムニー滝が豪快に聳え立っています。「リード代わる?」「岩は乾いてるで」「……」といったやりとりがあって、引き続き私のリード。

かっきーの言葉の通り、右壁は乾いていて階段状。出だしをちょっとボルダーチックに登って一段上がってからいったん手前へ戻るようにして上の段に登れば、後は問題になるところなく中間の残置ピンまで達することができます。そこから先は水流に近づいて落ち口へ抜けるラインもあるようなのですが、壁が立ってくる上にこの水量では剣呑なので、早めに右上のブッシュに逃げ込むことにしました。しかし、このブッシュも存外手強く、体力と時間を無駄に使ってしまいます。

落ち口に出たところから先を見ると、本流は狭い谷筋の底にCS滝を一つ置いて奥に右から落ちる滝が待ち構えており、水流通しに行くのはシビアそう。一方、すぐ目の前には右から斜めに支流が入っているのですが、本流と支流の間の壁を登れば両者の間の尾根筋を伝って本流に戻ることは容易に思われました。しかし、本流はその後細くえぐれて急な滝を連ねており、なかなか戻ることができません。途中2メートル弱飛び降りれば沢筋に戻れそうなところもありましたが、膝を傷めている私はこのプランを却下。降りるなら懸垂で……と思ったところ前方にもう少し藪を漕いで行けば本流のナメ滝の途中に出られそうな地形が見えました(後から思えば、ここはためらわずに懸垂下降してナメ滝を登った方が早かったのですが)。しばし藪漕ぎを継続した後、左へ降りるルンゼを下って本流に帰還。その後に出てくるいくつかの小滝を何ということもなく通過した先に、巨大な100mナメ滝が現れました。ここは左壁が快適に登れるという話ですが、前衛滝の逆層の壁を回避するために左の草付の斜面に入って高さを上げてゆくと、細いルンゼに引き寄せられて滝から遠ざかってしまいました。

これではイカンと途中で軌道修正し、滝の左側の付かず離れずの岩場を選んで高度を稼ぎましたが、ここも他の記録を見る限りは極力水流の脇を狙うのが良かったようです。ただ、この日の水量(と飛沫を浴びた岩の状態)でそれが正解だったかどうかは、やってみなければわかりません。ともあれ、最後は藪を漕いで100mナメ滝の落ち口にぴったり出ましたが、目の前には登れそうにない8m滝があり、せっかく藪から抜け出したのにまた右岸の笹薮に突っ込むことになりました。

二つ三つの滝を左からトラバースして巻いて、かっきーの20m補助ロープ(←これは非常に便利)での懸垂下降二連発で沢に戻れば、そこは上流の二俣です。ゴールは近づいてきましたが、どうやら残業必至の情勢になってきました。せめて明るい内に稜線に抜けなければ。

■15:45 二俣 ■19:05-20 オジカ沢ノ頭避難小屋

二俣は左に入り、すぐに右の尾根筋に上がりましたが、これは判断の誤りだったかも知れません。沢筋の先に見えている15m滝は急峻にえぐれているように見えたのでこのまま右から巻いてしまえばよいのだろうと思ったのですが、実はその滝の右壁を登ることができたようで、これは予習不足でした。我々は尾根の上に突き出した岩の上に出て歩きやすくなったことでこのラインが正解だったと思ったのですが、その歩きやすさは長くは続かず、再び笹薮に潜り込むことになります。

スピードアップのためのチャンスをもう一つ逃したのは、先ほどの15m滝を越えたあたりで沢に戻るという選択をしなかったことです。沢の斜度が意外に急であること、ぬめっていて私のラバーソールではスピードが上がりそうにないと思えたこと(これはおそらくかっきーの私に対する配慮でしょう)など判断の要素はいろいろありましたが、まだずいぶん高度差がある稜線までひたすら笹薮との力比べを続けるのはなかなかに厳しく、時間と体力がどんどん消費されていきました。相互の位置を確認するために時折ホイッスルを鳴らし合いながらもお互い自己責任での藪漕ぎを続ける内に徐々に夜の帳が降りてきましたが、暗くなりきる前にヘッドランプをヘルメットに装着すると共に、目的地であるオジカ沢ノ頭の方角を確認したところ、どうやらそこまでのルート上に危険な地形はなさそうなので安堵しました。夜戦は苦にしないたちなので、どんなに遅くなっても最後は稜線に抜けられると確信できたからです。

ほぼ真っ暗になった頃に思いがけず左下にいたかっきーから声がかかり、いったん沢筋に降りて水を汲むようにとの指示。せっかく笹の背丈が腰まで下がってきたのに……ともったいない気がしましたが、肩の小屋までまだ相当時間がかかることを思えばここで水を補給しないわけにはいきません。

細くなった沢筋にはまだ豊富に水が流れていましたが、水を汲んで登り始めるとほんの少しで涸れ沢になり、やがて笹薮と草付がミックスした斜面の登りとなりました。前方にはかっきーのヘッドランプがゆらゆらと動き続けており、振り返れば背後には水上方面の夜景がきれい。

やっとオジカ沢ノ頭の避難小屋に登り着き、遡行を終了しました。ここには1999年に泊まったことがありますから、勝手のわかった場所にこれで戻ってきたことになります。少し休憩をとり、ギアをザックに入れて軽食を口にしてから、ここからは下山のための長い行動を持続することになります。

■20:00 中ゴー尾根分岐 ■20:25-30 肩の小屋 ■21:20 熊穴沢避難小屋 ■22:25 二俣 ■23:35 谷川温泉

一気に歩きやすくなった登山道をひたすら歩いて、中ゴー尾根分岐。しかし、夜間の中ゴー尾根下降は危険だろうと判断し、肩の小屋まで登ってから天神尾根経由でいわお新道を下ることにしました。

肩の小屋では我々のヘッドランプに早くから気づいていたようで、小屋のご主人らしき男性が出てきて、オジカ沢の遡行者は例年ごくわずかであること、中ゴー尾根はそれほど荒れているわけではないことなど、いろいろ話をしていただきました。よっこらしょと腰を上げてからの天神尾根の下りは慣れていますが、いわお新道は初めて。しかし、この道はすばらしい!極めて下りやすい土の斜面の登山道で、急坂はほとんどなく、実にストレスなく谷川本谷まで降りることができました。

日付が変わる前に車に戻り、そのままの格好で下界のコンビニの駐車場に直行。明るい光の下で真っ先にしたのはヒルの確認ですが、やはり数匹が足に吸い付いており、一匹見つけるごとにきゃーきゃーと黄色い悲鳴を上げてはこれでもかとかっきー薬を噴霧しました。そんなこんなで、かっきーに送ってもらって私が帰宅したのは午前4時半、かっきーは6時帰宅。かっきーの方はあらかじめ会社に月曜日の午前を休みと届け出ていたのですが、私は8時55分には出社しました。このあたりも、自分のプランニングの甘さを露呈しているようです……という話ではないか。

今回、これほどの残業山行になった原因は、水量の多さによる登攀ラインの制約、ラバーソールに不慣れな自分のスピードダウン、懸垂下降でのロープスタックなど諸々の要素の積み重ねがありましたが、それでも最後の藪漕ぎでもっと早く沢筋に回帰していれば、1時間くらいは早く稜線に出られたかも知れません。この点、この記録を整理しながら山友ひろた氏現場監督氏の遡行記録を再読してみると、やはり極力水線通しに進むことが遡行速度に寄与するという沢登りのセオリーのようなものに思い至りました(飛び降りとかノーロープとかは遠慮したいですが……)。よって「あそこで巻かずに沢通しに行っていれば」とか「あそこで無理にでも水流に戻っていれば」といった後悔があることはあるのですが、基本的な部分で自分のメンタルとフィジカルの両面の力不足がかっきーの足を引っ張ったことは紛れもない事実。申し訳なし。

ただ、かっきーには申し訳ないながらも自分勝手な感想を言えば、今回の遡行は楽しいものでした。日帰りサイズとはいえスケールの大きな沢に終日どっぷり浸かり、その中で見栄えのする大滝を登らせてもらいましたし、夜間登高になって「いやー、もしかして自分たち、なんか大変なことになってるな」と思いつつも悲壮感に包まれることもなく、最後はまだあと数時間歩き続けられる程度の体力を残した状態で無事に下山できたのですから。もちろん会心の遡行とは言い難いものの、沢との勝負で負けたわけではないというのが偽らざる心境です。